様々な風域での練習

新2回生470スキッパーの村松です。

 

本日は、午前はAv.7.8m/s〜10m/sの南西の風、午後はAv.1.2m/s〜5.6m/sの北風の中で練習を行いました。

 

午前はかなり風が強く、沈する艇やトラブル艇が多かったため、練習予定であった回航練習ではなく帆走練習を行いました。
帆走練習を行う中で、私はブローでヒールしてしまうことがあり、まだブローに対応しきれておらず、一つ一つ前もって考え行動すべきであると改めて感じました。

 

午後は回航練習を行いました。風がかなりブローの差があるシフティーなものであったため、次々と臨機応変に乗り方を変えていかなければいけませんでした。
そういう風の中で動作練習を行うことは、様々な風域に対応するための非常に良い経験になったと思います。
また、回航練習の中でもタックやジャイブの動作を中心としたり、マークを回る際の動作を中心とするように、一つ一つ目的をもって練習に取り組むことができました。

 

そして、今日は朝から前線が通過する予報で、午後から北風に変化したということから天気が不安定になるかもしれない、と予想しておくべきであったことを学びました。
私は、前線についての知識がなかったため、その情報を予測することができなかったため、危険を伴う海のスポーツを競技するにあたって、天気の知識について学ぶ必要性を改めて感じました。

 

今日は尾崎コーチが来てくださり、レスキュー艇から指導して頂きました、ありがとうございました。