充実感のある練習

新4回生470スキッパーの赤尾です。


本日は午前は1~3mの東の風、午後は3~4mの南の風でした。


大辻監督、村尾ヘッドコーチが来てくださり、お二人の指導のもと470・スナイプチームを二つに分けて練習を行いました。


470は、上回生はレース練習を、残りのメンバーは動作・回航練習をしました。

午前は微風でのレースで、いかにトップスピードを維持するかがカギとなりました。
その中で、乗艇位置の認識がまだまだ甘いということに気が付きました。
乗艇位置をできるだけ前にしてスタンを浮かせる、という意識がチーム全体で低かったと感じました。
チームで意識を共有し、その基本が当たり前に行えるようにこれから取り組んでいきたいと思います。


午後からは風が落ちることなく安定してレースを行うことができました。とても潮が強く、シフトも大きな海面であったため、スタートが重要となるレースとなりました。有利サイドを見極めるところまでは良いのですが、潮でラインから押されて離れてしまい、ジャストでラインを切ることが出来ませんでした。止まる位置、止まっている状態からの走り出し・加速が悪かったのではという反省点ができました。
また、本部船から見るとラインから1艇身ほど足りないということがよく分かりました。スタートの様子はビデオカメラで撮影し、その日のうちにミーティングで認識を深めました。

レースは1週間に1日だけなので、新しい刺激がありました。課題を発見し、克服していることに成長の喜びを感じます。毎日の練習スケジュールをただこなすだけではなく、これからもしっかりと課題を見つけていきたいと思います。


大辻監督・村尾ヘッドコーチ、本日はご指導ありがとうございました。各艇の問題点を発見でき、充実感のある一日となりました。
指導の無い日でも選手自らが課題を発見していけるよう考えていきます!