強風下での練習


新4回生470クルーの上野です。

今日は西からの風でave7mから8m、max10m程で細かい波のある海面でした。
今日も多くの船を出し、練習を行いました。
なかなか風が強かったため当初予定していた動作練習から切り替え、帆走練習を主にしました。

まだまだ、新二回生も新三回生も自分自身も強風でのセーリングにおいて、艇をうまく操ることができず沈をしたり、うまく方向転換できないという場面が多く見受けられました。
風が強くなるとクルーとスキッパーのコミュニケーションがとても大事になってきます。
新二回生には、今のうちにたくさん沈を繰り返し、そのスキッパーとのコミュニケーション、艇と自分とのコミュニケーションを掴んでいってほしいと思っています。

最近、強風のコンディションが多く、なかなかまともに走れないということが多かったのですが、今日は、しっかりと新二回生もスピンを張り、きっちりと大きな破損もなくセーリングで帰ってこられたというところは前に比べると、だいぶヨットにも慣れて、少し技術も上達したかなと感じているところです。

今日はミーティングでは、最初に全体でどう息を合わせるかなどを話し合った後、クルーとスキッパーに分けて、みっちりミーティングを行いました。
新二回生、新三回生からより速く走るためにリーダーはどうしたか、なぜリーダーをいじるのか、乗艇位置はどこにしたか、海面の状態はどんな波があったのかなど、まず乗れるようにというミーティングではなく、より一歩二歩進んだ乗りこなすためにというミーティングができ、大変充実した時間になりました。

3月は春にさしかかる時期であり、この時期は毎年事故が多い時期でもあります。
また、この時期にきっちりと練習をこなせれば、よりセーラーとしてレベルを上げることができます。
しっかりとレスキュー体制を整え、万全は状態でより多くの艇数を出して、まとまって練習ができるように幹部として、470チームのリーダーとして全体を見渡せるようにして行きたいと思います。