微風練習


2回生470スキッパーの村松叶子です。

本日の午前はave.2.3m/sの南西の風の中、470は動作練習を行いました。

春季選手権大会では微風のコンディションの中レースが行われ、私も艇の扱いや動作など多くの課題を見つけることが出来ました。
しかし、春季選手権大会の次の日の練習では大会の日よりは少し強い風であったため、微風での動作の課題に取り組むことが出来ませんでした。
ヨットは自然と隣り合わせのスポーツであるため、日頃から思うように風が吹くわけではありません。
微風の課題を克服したいからといって、思うように微風が吹いてくれることはありません。
毎日同じ風はないため、1日1日その日の風に臨機応変に対応し、大切に練習していくことを改めて心がけようと思います。

今日の動作練習では、どれだけ艇に無駄な抵抗をかけず丁寧に、かつしっかりロールをかけて推進力に変えることができるかを考え、起こし方やティラーの回し方を試しながら練習しました。
上手くいった時もあれば、起こし方が粗くなってしまったり、ティラーを無駄につかってしまったりすることがまだあるため船を十分に扱いきることができていないと感じました。

明日は少し風がある予報ですが、明後日はまた微風の南風の予報なので、今日の課題を克服できるよう、しっかり取り組んで行こうと思います。