春季選手権大会で出た課題の克服


2回生470クルーの森です。

今日は快晴の南風でAve3~4m、Max5mの風域の中出艇しました。

470チームは2回生新人スキッパーの練習のため、主に動作練と帆走練を行いました。
出艇してすぐは尖った大きな波であったため、ピッチングを抑えるためにバウ側に乗っていましたが、波を潰すことが出来ないことがわかり、バウ先が波に押され抵抗にならないようスタン側に乗り、バウを浮かせるよう考え取り組みました。

ランニングでは、スキッパーと協力してスピンを張り続ける工夫をしました。あまり難しい動作はできませんが、海上での風の報告や声をかけ合うことなどできることから実践しています。

 3艇で並んで走ることで新人スキッパーはしっかりした角度を走る練習やタック、ジャイブアングルの感覚を掴むことができたと思います。

着艇してからのミーティングでは、プラーとトラベラー、ジブタックの効果について学びました。
今まで練習してきたことの他にセールの深さやリーダーの位置など、細かいところも少しずつ自分で判断できるようになってきました。

私は入部して一年が経ち、470に乗せていただける機会が増えてきました。春季選手権大会では同期の村松とペアで1レース出場させて頂きましたが、今までで一番良い結果だったものの22位とまだまだでした。私の目標は村松との女子コンビでトップを走ることです。
その為にもふさわしいクルーになれるよう少ない機会を一つ一つ大切に丁寧に取り組み、これからも練習に励んでいきたいと思います。