誰よりも速く


4回生副将470クルーの上野です。

今日は朝からave.6メートルほど吹いており、大きな波のある海面でした。

470は午前中、上下でマークを打ちラウンディング込みのスタートレース練習を行いました。

470レギュラー3艇はだいぶスピードもまとまってきており、安定した風では右海面、左海面どちらに行っても最終的に1上マークでは2艇身ほどの差に収めることができ始めてきました。

またボートスピードが似通ってくるとなぜ負けたのか、どのコースで負けたのか、タック1つで負けたのかが明確になります。1艇1艇がなぜ負けたかはっきりするまで話し合い、全員でレベルアップして行きたいと思います。

ユースチームも今日のような風での波の中、艇を思い通りに操ることに四苦八苦しながらも着々と経験を重ね、まだまだ未熟ですが、安定して走れるようになってきています。

最近になってユースとレギュラーに分けましたが、レギュラーに入れなかったプレーヤーがレギュラーのプレーヤーに何度も何度も質問に行く姿が多く見受けられ、チームとしてもとてもいい雰囲気です。
皆が皆とコミュニケーションをとり、ヨットのことについて議論し、海に出れば同じチームでも戦って、悔しいという速くなる原動力になる感情が表れているなと強く感じます。

これからもこのような競い合い、チーム全体として速くなることを目標にキーワードは「最速」でこれから始まるポイントレース、個人戦、関西インカレ、全日本インカレを駆け抜けて行きたいと思います。

今日は尾崎コーチに来ていただき、スナイプのスタート練習、ライン把握についてご指導賜りました。ありがとうございました。