個人選手権に向けたレース

3回生スナイプスキッパーの染谷です。


今日は関西470選手権、スナイプは第2回ポイントレースでした。

全日本個人選手権大会の予選が近づいているので、順位にもこだわった走りをすると同時に、他艇との走りも比べて自分のボートスピードを確認することが課題でした。特にクローズが課題で、普段の帆走では、ハンドリングで他艇との差が大きくなっていると感じたので、今回はそれを修正できていたのか確認するいい機会でした。


午前中は北東から安定しない風が吹き続け、昼に一度APH旗が揚がりました。


その後すぐ出艇し、午後から3レース行いました。

1レース目はスタートで出遅れましたが、そのあとはすぐにフレッシュを浴びることができる所に出て、カバーしてからロング目を消化し、左海面の方がブローが良かったので伸ばしました。その結果、右の艇団には追いつくことができました。南風でも全体的にブローがない場合はブローをしっかり読むことで前に出るチャンスはあるのだと感じました。


2レース目は、1レース目で最後にスターボアプローチをするとへダーが入るとわかっていたので、左海面を伸ばすつもりで下からスタートしました。

他艇との間隔も厳しい状態でしたが、スタートは成功し、左海面を目指す目的だったのでそのまま走りました。しかし下1でスタートした艇が上に寄せた後、自艇団をカバーされてからが問題でした。他艇と近かったのですぐにタックを返すことができず、返したとしても後ろを通るほどのメリットがあるのかどうか迷ってしまい、判断が遅れたことが敗因でした。そこから後手後手に回ってしまったことが順位に響いたと感じました。


3レース目は風が少し右に回っていたため、2レース目よりは上でスタートしました。スタートは今日の中で1番良いスタートを切ることができました。しかし、下の艇のボートスピードが良く、角度で勝つことができなくてタックを返さざるを得なかったです。その後も右海面でのタックポイントがワンテンポ遅れたため、その時点で返してリフトを浴びなかったことが順位を落としてしまった原因だと思いました。


また今回の自分の課題であったクローズでのハンドリングについては、これまでの帆走で意識していた分、良くはなっていましたが、まだまだ詰めることができます。これからはメインと艇を合わせることも意識して、より精度の高いクローズの走りを目指していこうと思います。


まだ明日のレースが残っているので、明日こそはシングルを狙っていきたいと思います。


本日は大辻監督、村尾ヘッドコーチ、田中コーチ、上塚さんが支援艇、運営艇に乗ってくださいました。西本さん、横山さんには陸で1回生講座をしていただきました。田染さんにはマネージャーミーティングをしていただきました。

また、2回生桑原のご父兄から差し入れをいただきました。

ありがとうございました!!!