レースを振り返って


3回生470クルーの中村です。

本日は、風速が4ノットまで上がらず、風向も安定しなかったため、ノーレースとなりました。

私は、今回のレースは3回生の畑と出場しました。
普段の練習やレース前の帆走において、ボートスピードは良く、特にランニングでの走りが良かったです。ですが、今回のレースはどのレースも納得のいく成績がとれず、苦戦したものとなりました。

その原因の一つとして、レース中のボートスピードは良かったので、コースを引く上で大局をしっかりと見ることができていなかったということなのではないかと考えました。

今回のレースでは、自分が位置する艇団の中で、どうすれば前を走れるかということを意識していました。しかし、他艇を意識しすぎて、風の振れやブローといった大局を見失ってしまい、無駄にタックを繰り返してしまったり、大してゲインできる位置ではないところを長く走ったりしてしまいました。

また、上位より後ろの位置にいると、さまざまな走り方(コース展開)をする艇が多くいて、他艇を意識するあまりそれらに惑わされ、本来自分が引きたいコースを引けなくなり、順位を上げることができないということが起こりました。
本日は、他艇を意識しすぎず、基本に返って大局を中心としたコースを引くことを課題としてレースに臨みたかったのですが、ノーレースとなってしまい、非常に残念です。

来週は個人選手権予選があるので、そこで今回のレースでの課題を少しでも多く潰せるよう、また、本日のようにノーレースになる日も今後あるかもしれないので、1レース1レース、前を走れるように頑張ります。

本日は、村尾ヘッドコーチから様々なご指導を頂きました。
また、田中さんにはレース運営をして頂き、中島さんにも艇庫に足を運んで頂きました。
お忙しいところ、本当にありがとうございました。