個人選手権予選1日目


3回生470スキッパー藤井です。

今日は関西学生ヨット個人選手権大会1日目でした。

コンディションは西風の順風でした。
珍しく朝から風が吹いており、出艇前は体感で10m/s程度の風がありましたが、出艇する時には5〜6m/sほどで朝の風の影響で風に対して波がとても高かったのを覚えています。

クローズは波の所為でスターボードが走りづらかったです。西風は久しぶりなのと西風でのレースはあまり走ったことがないので少し新鮮でした。

西風ということでポートアイランドの影響で陸の方向は風があまり吹いておらず、左のブローに乗れた艇が前を走っていました。

今回のレースでは自分のボートスピード、主にクローズのスピードがまだまだだと感じるところがありました。ピンダウンした時のセンターの入れ具合などの知識が足りない事や、フリーでのパンピング、ロッキングなどのO旗掲揚された時の動きなど課題は多いと感じました。

さらに甲南大学の課題としては、今回のレースは審問が多すぎるとOBさんからご指摘がありました。
自分もスタート前にプロテストと声を掛けられ、ひやっとした時があったので気を付けたいと思います。ですが、それ以前にプロテストをされて回転していてもそれから勝てるような圧倒的なスピードをつけるのも解決の手段だとご指導いただきました。

予選も残り4レース、優勝できるように頑張ります。

本日は、村尾ヘッドコーチ、田中コーチ、森一将さん、森千佳さんに支援艇からご指導頂きました。上塚さん、田染さん、荻野さん、奥田さん、横山さんには運営艇に乗って頂きました。尾崎コーチ、高永さんには艇庫に足を運んで下さいました。

また、柴田さん、昨日に引き続き2回生森のご父兄から差し入れを頂きました。
ありがとうございました!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    山下 (日曜日, 02 7月 2017 04:33)

    プロテストが多すぎなのは間違いない。プロテストの声掛けがあった時の対応は良く考えて。と言うか、そういったポジションを取っているならば対応を常に考えておく事。
    ペナルティターンをしても勝てるだけの圧倒的なボートスピードを得るのは大変ですよ。強靭なメンタルも必要です。
    特にフリーが圧倒的に早ければ巻き返しもしやすいでしょうが、今見ている範囲ではまだまだでしょうね。
    チームレースに向けて、戦い方を良く考えてみて下さい!