西宮組の底上げ練習

2回生470クルーの森です。


今日の午前はave.2~3m/sの南西の風の中で動作練習とアビームの回航練習、午後はave.3~4m/sの南風の中で帆走練習と回航練習を行いました。


夏期休暇に入り1回生を乗せる機会が多くなり、基礎的な練習を多く行っています。

アビームの回航練習はスピンをあげずにメインセールとジブセールを風にしっかり合わせる練習をしました。


1回生はまずヨットが風に対してどの角度で走っているのか、それに対するセールは合っているのか、その時行う動作はどうあるかなど自ら考え、動けるように日々練習に取り組んでいます。マーク回航時のタック、ジャイブ前のヒールやアンヒールなど上回生も改めて自らの動作の的確さを知ることができました。


普段はスピンをあげていて気がつかなかったところまでボートスピードに関わっていることがわかり、基礎的な練習は"人がヨットを走らせる"のではなく"ヨットが早く走るためには人がどう動くべきなのか"という原点に戻ることが出来る良い練習であると思いました。


また、多くのクルーがスピンアップとスピンダウンを課題にしています。これらの動作に関しては練習すればするほど上手くできるようになるものです。よって午後は下マークを追加し、上下のマーク回航も行いました。


風に合わせてどの位置でダウンするのか、なるべくギリギリまでスピンを張っていられるように少しずつダウンのタイミングを伸ばして挑戦する練習を行いました。


470チームは今期に代替わりしてから毎日470ノートをつけています。その日の風の状況や練習内容、ミーティングで出た課題とその解決策を書き込んでいます。


3回生の村松先輩、畑先輩が中心となって現在のクルー、スキッパーのレベルやそのノートからの過去の練習内容や反省を活かした練習を組んでくださっています。

昼と夕方のミーティングでも反省点について私たち下級生が質問すると、わかりやすく教えてくださる先輩が多くいらっしゃって、とても頼りになる先輩方であると改めて実感しました。


強いチームになるには、チーム全員の力を底上げすることから始まります。私たちは、基礎力を身につけ、底上げを計り、レギュラーの方々にプレッシャーを与え、超えていけるよう日々練習に取り組んでいきます。