大会を終えて、、

4回生スナイプクルーの井阪です。

今日は全日本学生ヨット個人選手権大会の最終日でした。
本日は朝から風が1〜2m/sで1時間半の風待ちの後に出艇致しました。
11時前頃から少し曇り、3〜4m/s・230〜240°の風が吹き、2レース行いました。

蒲郡は風が弱いにも関わらず波が高く、波の向きも正面からですごく走りにくい海面で、入賞している艇とは波の対処、走らせ方が違うのが差だと感じました。

スタートでは全レースを第一線で出れたとは言えず、2上までに順位を落とすことが多々ありかなり悔しい結果となり私自身とても面白くない大会とさせてしまいました。

艇の距離の差があまりなく、1つの判断ミス、1つの波の対処ミスで2,3艇と抜かれ、大局を見誤ると10〜15艇と抜かれてしまいました。

下マークの回航からうまく入らなければ行きたい方へ行けず大局で負けてしまう、アプローチではポート・スターボアプローチの見極め自艇の位置やブローから常にベストな所を走らなければどんどん抜かれる、と抜かれるばっかりでした。
レース毎に反省を活かし、考え対処したつもりだったのですが、新たな判断ミスがどんどん出てき、反省ばかりの大会となってしまったのが原因でした。

正直、自分が満足できる結果を1つも出せなかったので、何もできてない感じがするのですがこの大会の反省から色々なことを学べました。
この学べたものを関西予選1位通過・全日本インカレで必ず活かしたいと思います。
私事ですが、スナイプチームの同期南と乗り全日本個人選で戦う事ができ、結果は悪く悔いが残る大会となりましたが、本当に嬉しかったです。

最後になりましたが、今日は福留さんが海陽ヨットハーバーまで足を運んで下さり応援に来てくださいました。
ありがとうございました!