関西スナイプ選手権1日目

3回生スナイプクルーの尾川です。


今日は夏特有の午前中に風が南に回り、安定せずその間ハーバー待機でした。11時頃から風が安定しave.4mからmax.7mの風域でした。


今回、私達の艇はスタート第一線を目標に攻めていくことを意識していきました。第一レースでは下有利で下スタからしっかりと出ることができ、上位で回航をすることができました。しかし、テンパる時間が少し遅れて真ん中からスタートをしてしまいました。そこからどんどん負けていき、順位を落としてしまいました。やはり上位の艇はスタートの時点での失敗が少ないということが関西水域や全国水域でも言えると改めて感じることができました。


私は4回生の南先輩と出ており、総体重がとても重く、今日の風でのボートスピードでは自分としては大変良かったと感じました。ですが、ミーティングで杉野さんがおっしゃっていた、レース中に帆走の時のスピードが出せているのか、その風にあったセッティングができているか、この点でもっと詰めていける点があるかなど社会人の出ているこのレースで感じることができました。

明日はこの反省点を意識しながらレースに臨むようにしていこうと思います。


本日は、大辻監督と村尾ヘッドコーチに支援艇からご指導して頂きました。杉野さんは陸でミーティングをして頂きました。また、善本さんと玉置さんには運営艇に乗って頂きました。ありがとうございました!