全日本470選手権2日目

3回生470スキッパーの畑です。


今日は全日本470選手権大会の予選シリーズ2日目のレースでした。


今日のフリート分けは以下の通りです。

藤井・岡畑ペア イエロー

村松・龍野ペア ブルー

畑・石田ペア     ブルー


そして、レース2日目での暫定結果です。(全113艇)

藤井・岡畑ペア 76位

畑・石田ペア    92位

村松・龍野ペア95位


午前中に2m/sの北風のなか出艇しましたが、途中で風が落ちていき、ハーバーバックとなりました。

14時頃に太陽が出て風向が南に回り午前と同じく2m/s程の風の中で再び出艇し、各フリート1レースのみの消化となりました。


今回のレースではスタート第一線を狙い上位艇に少しでもついていくことを考えて挑みました。しかし、昨日との両日とも第一線で出れず、フレッシュウィンドを浴びれないままのスタートでした。

また、前から課題としている下マーク回航も、混戦の中ではやはり問題があり、うまく回航することもできませんでした。


ボートスピードにあまり問題は感じなかったのですが、上位艇と比べるとやはりタック、ジャイブの動作ひとつにしろスタートでのロールにしろ技術面での差が大きく感じられました。

スタートをどこで待機するのかなどすべて計算されているようで、いかに自分が周りの艇にあわせて動いていたかを実感しました。


自艇の課題も多く見られるなか、やはり社会人や海外選手の動きも勉強になるものもありました。

スタートにフルスピードで出るためのロール量や、加速のためのルームの確保をしっかりとできていました。

また、海外選手はよく海上でピークロープやメインセールのトップバテンの調整を行っており、そうした調整への意識の違いも感じられました。


まだまだ未熟な面がより顕著にあらわれる今回の選手権で、少しでも課題の解決をできるように自分の動作や技術を考えつつ、残りのレースを頑張っていきたいと思います!

また、明日は上位の選手から順にゴールド、シルバー、ブロンズと各選手の結果に基づいてフリート分けをされた、決勝レースとなります。

自分のレベルと近い、または上の選手とのレースになると思われます。なので、しっかりと自分の力を発揮し残り3日のレースを乗り越えていきたいと思います!


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    村尾 (日曜日, 20 8月 2017 09:29)

    全日本で勝つのは甘くない、しかし、負けないためにはどうすればいいのかを考えることはできるんじゃないかな。
    明日、急激に艇速が上がるわけではないけど、普段の艇速を出すことはできるはず。そこに集中することが重要ではないかな。
    他艇を気にするのは分かるけど、まずは自分達がやるべきことをやろうぜ。