全日本470選手権4日目

3回生470スキッパーの村松です。

本日は全日本470選手権の4日目でした。
昨日に続いて、本選シリーズで各フリート3レースが行われました。

藤井・岡畑組
シルバーフリート 23位/31位/21位
フリート順位 38艇中28位

村松・龍野組
ブロンズフリート DNF/14位/17位
フリート順位  37艇中19位 

畑・石田組
ブロンズフリート  BFD/RET/RET
フリート順位  37艇中33位

畑はレース中に右肘負傷のためリタイアいたしました。大事には至っていないとのことで、明日はレースに出られるとのことです。

本日は朝から4メートル前後の南風が入っており、10時頃に出艇致しました。レースをこなすに連れて風は上がっていき、第3レースの頃には平均7.8メートルの風の中でレースが行われとても、ハードなコンディションでした。


今回の470選手権では、ゴールドフリートに残るというのが、私の目標でしたが、その目標には全く達成出来ず、中々厳しい戦いを強いられています。
関西水域ではボートスピードに違いがあるので、一上では順位が良いことが多く、そのまま集団から抜け出せることが多いのですが、今回のレガッタではボートスピードに余裕が無く、集団から中々抜け出すことが難しいと感じました。一つのマーク間際の選択ミスやブローの取り損ないが、大きく順位を落としてしまいます。

また、今日は江ノ島の南風ということであり、西宮にはない、うねりというものを経験しました。クローズでは波長が長く波の谷と山に合わせてヒールをメインのトリムでコントロールしなけば、クルーが波に当たってしまいます。自分はブロンズフリートだったのですが、その中でも上位を走る選手はトリムが上手く、自分がまだまだ追求出来る技術であると感じました。

今回のレガッタ、関西の学生と全日本選手の違いを改めて再認識することが出来ています。私のクルーである2回生の龍野とのコンビネーションもまだまだですし、修正点も沢山あります。
また、日本のトップ選手の艇を見せて頂いたり、スタートのテクニックなども見ることが出来ています。
どんどん吸収し、自分の成長と共に、チームに還元していきたいと思います!

明日は最終日。1レースだけの予定ですが、この4日間で学んだことを意識し、来週のジュニアワールドに繋げていきたいと思います!

今日は江ノ島に野本さんが応援に来て下さいました!ありがとうございます!