ピーク期突入


3回生マネージャーの德永です。

今日は1日を通して北風で2~3m/sほどの風でした。
午前はスナイプ、470ともに出艇したものの風がなくなり曳航で着艇した後、シミュレーションをしました。

午後はスナイプは回航練習と帆走、470は回航練習をしました。
スナイプでは、横山さんが実際にヨットに乗って2回生スキッパーのためにご指導して下さいました。

470では、関西学院大学のOBである神木さんと俣江さんが練習に混ざって一緒に回航練習をしました。3回生の石田と中村は神木さんのクルーとして乗せて頂き、俣江さんにレスキューボートからアドバイスを頂きました。3回生の畑は俣江さんのスキッパーとして乗せて頂き、ご指導して下さいました。
アドバイスを頂いた後のタックは、いつもしているタックよりも良い動きになっていました。そのタックは動画で撮っていたため、それを見てこれからも同じ動きができるように頭に刻み込んで欲しいと思いました。

また、乗せ換えをする前に神木さんと俣江さんが乗っている艇と甲南の艇を比較するために動画を撮りました。陸に帰ってきた時に見返すことで、自分の足りていない技術を盗み取れるようにこの機会を有効に使ってほしいです。

今日のような練習ができることは滅多にないことなので、3時間という短い時間ではありましたがプレーヤーにとってはとても良い経験が出来たのではないかと思います。上手い人と練習が出来る時は、よく観察して真似してみることで、いかに自分の技術として身に付けていくかが大切だと思います。

スナイプ、470ともに今日教わったことを忘れず実践していき、今日よりも明日には技術が向上しているような練習の取り組み方をしていってほしいです。

今日は、村尾ヘッドコーチがレスキューボートからご指導して下さり、横山さんにはヨットに乗って頂きました。神木さん、俣江さんには一緒にヨットに乗って頂きアドバイスをして下さいました。とても有意義な練習となりました。
ありがとうございました!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    大辻 (土曜日, 26 8月 2017 07:54)

    良い練習が出来て何よりです、ヨットのレベルを高めるのに大学や所属は全く関係ありません。ジャンルを超えて上手い人から学ばせて貰う文化を作って行こう。