いざ ワールドへ Day2

3回生470スキッパーの村松です。

本日は大会2日目で、3レース行われました。
まずは結果をお知らせいたします。

藤井・岡畑組 29位 31位 26位  総合31位
村松・龍野組 35位 DNF DNF  総合36位

レースは平均8メートル、ブローで12メートル程の南西の風で行われ、全日本470選手権の4日目と非常に近い状態でした。
前日の予報で、この様な状況が予想されていたので、前回のレースでの課題であったうねりと強風の中で上手く走る対策をクルーの龍野と共有し、試合に臨みました。
前回よりも、ピンを詰めて臨みましたが、それでもオーバーパワーで中々フラットに走らせることが出来ず、スピード、高さ共に他艇に劣る展開であり厳しい戦いになりました。

また、うねりのある海面でのランニングで沈をしてしまい英語を叩いてしまいました。波がある海面で、落とし過ぎると急にパワーが無くなりアンヒールになります。その境目をどれだけ責めれるかが大切だと感じました。

前回のブログでも書きましたが、この様な海面で練習や試合が出来ることは本当に良い経験です。関東の大学は常にこの様な海面で練習しています。彼らに勝つためには、西宮でどの様なことをすればいいのか。フィジカル強化を含め、改めて考え成長に繋げようと思います。

あと4日間、海に出ている時間は勿論のこと、陸での時間の過ごし方も大切にしていきたいと思います!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    大辻 (火曜日, 29 8月 2017 23:15)

    海外の選ばれた選手なので勝つのは簡単では無いですね、でも相手は学連仕様のチャーター艇です、セッティングや乗り方は参考になるのでどんどん質問し吸収して成長に繋げて行こう!