女子インカレに向けて

2回生470スキッパーの村松です。

本日は午前ave.1〜2.3m/sの東から南東の振れる風で470はスタート、レース練習を行いました。午後は出艇時、少し風があったものの途中で風がなくなってしまったため、着艇し陸でシミュレーションや整備を行いました。

私は最近、今週末に葉山で開催される全日本女子インカレに向けて、3回生の石田先輩と練習する機会を多くしてもらい、練習に取り組んでいます。レギュラーチームで日々練習している石田先輩と一緒に練習することで、レギュラーチームのスキッパーの人と私との出来ていることの違いや、速くなるために取り入れることのできる動作などを学ぶことができ、非常に充実した練習になっています。直接聞いたことを言葉ではなく、実際に体感して学ぶことができるので、自分のレベルアップにつながっていると身をもって感じています。

今日の練習でのスタート練習は、風が弱く振れている中で、自分がどれだけ有利な位置で
スタートできるかが課題でした。
私は、まだ風が落ちた時にバウアップなどが上手くできず、下のルームを潰されてしまったり、有利な位置であっても、スピードがなかったりと艇を上手くコントロールすることができませんでした。レギュラーチームに比べると、まだまだ自分は艇のコントロールが甘く、バウアップなどの練習が必要であると感じました。

今日の午後は整備を行うことができ、艇も万全の状態で女子インカレに臨むことができると感じています。去年の女子インカレでは整備不良で悔やむ思いをし、レース前の準備の大切さを改めて感じました。今年は絶対にそのような思いをしないため、しっかり確認をして、安心してレースで戦っていける様に準備していきます。
この夏休みの練習の成果を思いっきり出せる様、頑張ろうと思います。応援よろしくお願い致します!