強風練習

3回生470クルーの岡畑です。

本日は朝から風があり、出艇の段階で5~6m
の北東の風が吹いていました。そこからさらに10mほどまで風が上がりました。

午前は、関西学院大学と合同でレース練習の予定でした。
しかし、関西学院大学の艇でトラブルがあったためレース練習は行うことができませんでした。

トラブルシューティングのため、レスキューに乗っていた私が関西学院大学の方と一緒に乗り、着艇まで帆走しながら帰りました。

ジュニアワールドで強風の中でのレースを経験できたことにより帆走中に心の余裕はできました。しかし、トラッピーズをいじりすぎてフルトラにできていない時間が長くなってしまっていたことと、ジブカット後のジブの引きの甘さが課題だと感じました。
強風でずっと同じことを課題としており、潰すことができていないません。

海上でもっと海面をみて、ブローの予測をすることでジブカットのやりすぎをなくし、その後も元のセールシェイプまで引くことを意識したいです。
また、波を見てアジャスターで避けるべき波なのかの判断を正確にできるようにしていきたいです。

風が上がってくると、少し雑なことをしても走っている気持ちになってしまうので、些細なミスでも気をつけていきたいです。

全日本までには、練習で陸上に帰って来てから反省会をするのではなく、海上で反省点を考えて変えていけるような練習をしていきたいです。