強くあり続けるために

3回生マネージャーの交河です。

今日は、午前中は振れの激しい北風で2~3m、午後は南風で安定した2~3mの快晴でした。

昨日に引き続き470レギュラー・ユースチーム、スナイプレギュラーチームはKGレースに参加し、スナイプユースチームは午前中は動作練習と回航練習を行い、午後は回航練習を中心に動作練習を行いました。

全日本インカレまであと1ヶ月を切りました。
チームの状況としては今までで1番、全日本6位入賞することができるレベルにまで上がっていると思います。
ですが、今日来ていただいた横山さんには動作の基本中の基本をしっかり意識することや、KGの監督からは関西水域は全体的にスタートのラインが低く、スタートのポジショニングをしてからベストの位置で止まっておくことができておらず、今のままで全日本に臨むとUFDに引っ掛かってしまったり、第一線からスタートすることができないであろうというご指摘を頂きました。まだまだ全日本インカレまでに改善しないといけない点が沢山見つかりました。

今回の全日本遠征は、先入りメンバーと後入りメンバーとで出発する日は分かれますが、全員で参加します。アウェーの環境は普段レースに臨む緊張感とはまた別の緊張などを感じてしまいがちではありますが、レスキューでも陸でも普段の甲南らしさを大人数を強みに全面に出していきたいと思います。

今日私はスナイプユースチーム練習のレスキューとして海に出ていました。ユースチームが自分たちで得た知識をみんなで共有し実際に海でも動画を撮ってアドバイスし合いながら練習する姿を見て、自分たちでどうやったら上手くなるか、どういう練習をすればいいかをよく考えて取り組んでいるのが感じられました。そのモチベーションの高さに、これからの成長への期待が持てました。
ですが、自分たちで練習に取り組んでいくにしても、実力や知識がまだまだ乏しく限界もあると思うので、監督・コーチやOBの方からの指導が必要不可欠であると強く感じました。お忙しいとは思いますが、ユースチームの成長のために是非ハーバーに足を運んで頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

本日は横山さんにお越し頂き、KGレースのレスキューに乗って頂きました。ありがとうございました。