コーチング練習

新4回生470クルーの中村です。

昨日に続いて、本日も山本テクニカルコーチによるコーチングが行われました。
本日は、低気圧や前線の影響で強く雨が降り、午前中はave.8m、午後は少し落ちてave.7m程の東風が吹きました。波は少なく、比較的乗りやすい海面でした。

本日の練習の目的はバングコントロールです。長方形に4つのマークを打ち、決められた順に回航していきます(スピン、ランチャー無し)。
それぞれのレグで、適切にバングトリムをしなければなりません。

470は、通常スキッパーがバングコントロールをするので、クルーである私が意識したことは、
ジブトリムと乗艇位置、艇のバランス、回航時のヒールバランスとジブを詰めるタイミング
です。

特にフリーでは、スピンが無い分いつもより乗艇位置を意識することができ、安定したボートスピードを維持できました。今後は、スピンばかりに気を取られないよう、今日のように乗艇位置を意識します。
次のコーチングでは、スピン・ランチャー有りの練習になるので、それぞれまた違った気づきや課題があると思います。

また、今回のコーチングでは、山本テクニカルコーチより、新二回生の練習運営がスムーズだとお褒めの言葉を頂きました。私たちが全日本6位入賞を目指す上で、このような頼もしいマネージャーの存在は甲南大学ヨット部の大きな戦力です。私たちプレイヤーも期待を裏切らないよう、日々全力で練習に取り組んで行こうと、改めて感じました。


最後になりましたが、山本テクニカルコーチ、上野さんに艇庫に足を運んでいただき、レスキューボートよりご指導していただきました。ありがとうございました。