課題の明確化

4回生スナイプクルーの穴迫です。

昨日と今日は山本テクニカルコーチによるコーチングでした。
両日、対他艇を気にせず、コース、ボートスピードだけに集中した練習でした。
今回の練習では、クローズとランニングの時間を測ることで、自分の苦手である部分を明確に知ることができました。

私はポイントレースに同期の寺尾と出場します。
これは女子インの配艇であり、絶対に結果を残さなければいけません。
また、クローズでは基本的にクルーである私がコースを引き、スキッパーにはボートスピードに集中してもらうようにしています。

今日は朝から南に風が回り、Ave.3m/sの微風でした。昨日は強風、今日は微風というように2日間で色々な風域での自分の苦手である部分を見ることができて、とても良かったと感じています。

微風では艇を止めてしまうと動き出すことが出来ず、スタートに間に合わないということがあるので、ある程度のパワーを保ちながらスタートに臨みました。
時間を計測することでスタートでロスをしてしまうことに対する意識が変わったと思います。

昨日の練習ではスタートでロスをしてしまったので、今日の練習ではロスをしないという目的を持ってスタートできました。

私は微風が苦手なのでセールに風を流すことを意識しながら、ブローを繋ぎ、へダーでタックするように心がけました。

一つ一つの動作が加速に繋がるように、スキッパーと息を合わせて行うことで、他の艇と差をつけることができたと思います。

私たちの艇は強風でのクローズ、微風でのランニングが課題であるとタイムトライアルでわかりました。

私自身は二日間を通して北風のコース選択が課題であると感じました。振れの周期を理解し、先読みしながら、他艇に対して自分のポジショニングをしていく必要があると思いました。

ランニングでは後ろを見て、ブロー報告をし、どのポジションにいれば最速でいることが出来るかを報告することが私の役目だと感じています。
これらの課題を練習で克服し、良い結果に繋げていきたいと思います。

最後になりましたが、山本テクニカルコーチ、2日間のコーチングありがとうございました。