ポイントレース


4回生470クルーの石田です。

今日はAve.2m/s、Max.5m/sの風の中、ポイントレース1日目が行われました。

個人的なレース内容としては、自分自身の沢山のミスと課題が浮き彫りになるレースでした。

スタートやボートスピード、基本的な動作、回航、コースプランなど、それぞれ自分の中でどのようにすべきかを考え、イメージは出来ているものの、小さなミスなどによって、それらを完全に再現できませんでした。
まだまだ考えが足りておらず、身体がついていっていないことを実感しました。

ですが反対に、ランニングにおけるスピントリムやパンピングによるスピードと角度は練習以上のパフォーマンスを発揮でき、日々の練習から身体に染み付いている技術を実感できました。

レースの帰着申告後に行った帆走練習では、短時間ながらも直前のレースでの課題をフィードバックすることができ、とても良い練習になりました。

またマインド面での課題としては、1つのミスを重ねる度に焦りから視野が狭くなり、大きなコースなど大局を見極めるのではなく、目の前の他艇にばかり気を取られてしまう悪い癖が出てしまったと思います。
まだまだ自分のメンタルやマインドをコントロールする術を身につける必要があると感じました。



470チームとしては、レギュラーメンバーである上位2艇は前を走っていましたが、関西大学の上位艇に抑えられている面もあり、チームとしての底上げもまだまだ必要だと感じました。


リーダー艇である藤井艇や津嶋艇も新艇で最速のボートスピードを再現するのに苦労しているように思われます。


これから公式戦や遠征が立て続けて行われる前に唯一、色々なことを試していける最後のレースになるので、明日も今日の課題を踏まえて消極的ではなく、積極的に攻めていけるレース内容にしていきたいと思います!


最後になりましたが、本日のレースの運営・応援のために西宮浜に足を運んで頂きました、尾崎コーチ、秋山コーチ、上さん、玉置さん、上野さん、南さん、お忙しい中本当にありがとうございました!

また、上さん、4回生中村のご父兄、3回生森のご父兄から差し入れを頂きました。
ありがとうございました。