ポイントレース 2日目

4回生470クルーの岡畑です。

本日はポイントレースの2日目でした。
1日目に続き、午前のうちに風がなくD旗を1時間ほど遅らせての出艇となりました。
風向245°の南西、Ave.4〜6m/sの風でした。
天気は曇りのち晴れで、午後からは少し波のある海面でのレースとなりました。

240°からの安定した風から少し軸がずれているだけだと考えていましたが、傾向が異なり、予測を外すことがありました。

スタート前から右に振れており、さらに右に右にと振れ続け、そのまま片振れで上マーク近くまで到達しました。
レース前の帆走の時とは少し違う風が吹いていたので、気をつけてはいましたが、片振れという事が頭から抜けており、周期で振れるだろうという考えから左に伸ばし続けた結果、1上を中盤で回る結果となりました。

また、先日の山本テクニカルコーチによるコーチングが活かされ、対自然の大局を掴む考えと、小局のバランスが自分の中で出来ていき、判断できるようになったためコース選択において先読みのレンジが広がったと感じています。

最終レースの前に秋山コーチから、トップを多く取っている関西大学に対して「自分たちと何が違うかをみてくるように」とのアドバイスを受けました。

しかし、周りに関西大学の艇を見つけることができず、このレガッタでは彼らがなぜ速かったのかを分析することができませんでした。

この先の全日本470選手権や個人選手権では成績を狙いに行くのはもちろんのこと、前を走っている選手と自分たちでは何が違うのかを細かく観察し、少しでも知識を持って帰れるようにしたいです。

そのためにも上手い選手を風下につけ、観察を行いながらレースをしていきたいと思います。

最後になりましたが、本日は秋山コーチに支援艇からご指導いただき、高永さんには運営のお手伝いをしていただきました。
ありがとうございました!