全日本学生ヨット選手権大会

第8レース 団体暫定成績

470級(全24大学)


1位 日本経済大学 306pt

2位 日本大学 370pt

3位 早稲田大学 395pt

4位 慶應義塾大学 433pt

5位 九州大学 543pt

6位 明海大学 551pt


7位 甲南大学 601pt

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    テクニカルコーチ 山本 (日曜日, 04 11月 2018 00:24)

    現役の皆さん、大辻監督、村尾ヘッドコーチほか指導陣の皆さん、舟元会長ほか甲風会の皆さん、全日本インカレ、本当にお疲れ様でした。

    2年前、明石主将以来のクラスシングルです。前回はスナイプのみの参加で9位ですので、今回の7位は、チームが更に進歩した証です。

    甲南は関西ではそこそこ走っても、本番の関西インカレと全日本インカレに弱く、実力以下の結果続きでした。

    そこには「絶対に英語(失格)は出さない」と表明して出してしまう曖昧さがあり、精神力の弱さを物語っていました。

    今大会の結果はベストです。各大学から3艇、複数回レース数で行われる全日本インカレの実力差は誤魔化せません。

    よって、統計学上も全日本インカレの得点、順位は容易に弾き出され正確です。

    ベストと断言できます。

    今大会の途中から、木村治愛最高顧問が評価されたことは、フィニッシュ順位は元より、今までの甲南でない印象を感じ頂けたのだと思います。

    ちなみに、木村先輩の観察眼は、人の人知により統計学を超えたものです。だからこそ、コメントいただけたことが望外の喜びです。

    甲南は、この結果を持って、ようやく全日本インカレを戦えるチームに成長しました。

    「たら・れば」は禁物を承知で、予選落ちしたスナイプに、前もって精神力が伴っていたならば、目標の総合6位になっていました。

    なぜ、そうならなかったか?表明する言葉と実際が乖離するのはなぜか?来年までの精神力強化とは?

    470での7位は大変喜ばしいことですが、新たな1年の始まりとして、目標に向ける具体的な強化策が求められます。

    参考までに、今大会における関西水域のレベルダウンは、両クラス入賞なしからも明らかです。

    よって、来年の目標達成には、関西インカレに完全優勝することが必須条件です。

    それだけ、もはや関西水域のレベルは、全国上位レベルと開いています。

    西宮まで気を付けて帰って来てください。