Twitter

Facebook

Instagram

YouTube

サッカー選手から参考にする人間性とチームづくり

新3回生470クルーの井上です。
本日は西宮神社参拝を行い、安全・必勝祈願をいたしました。自分達の気持ちをこれからの活動に向け、集中させることのできる良い機会でありました。

私達は今、会長、監督、コーチの方々や保護者の方々、友人などからサポートや応援をしていただきながら、日々ヨットという競技に取り組んでいます。チームとしての目標は470級、スナイプ級で両クラスが全日本に出場し、勝つことです。そして、スローガンは「拘る」です。
なので、今練習内容からミーティング内容、艇庫での生活(5S)などをとにかく拘りを持ってどうすればより目標に近づくことができるのか、ライバルに勝つことができるのか、ということを考えながら取り組んでいます。私達は大変勝ちたいという気持ちが強いので、もちろんその先にあるものは「勝つ」ということなのですが、どのスポーツでも、試合が行われれば勝つチームもいれば負けるチームもいます。

私自身の話になってしまいますが、私は幼いころからサッカーをしており、自分達のチームが勝つ瞬間が喜びでした。しかし、サッカーというスポーツをしていながら、少しだけ引っかかっていることがありました。それは、私がサッカーの試合で初めて得点を決めた日のことです。チームメイトはすごく喜んでくれましたし、その日応援に来てくれていた父と祖父もすごく喜んで、褒めてくれました。結果試合は私達の大勝ちで終わりました。それだけならすごくいい出来事なのかもしれないのですが、そう思えなかったのは、その時の相手のゴールキーパーが試合が終わった後にすごく泣いていたからです。その子からすれば大敗したわけでそうなるのは当たり前であるし、勝負の世界ではよくあることなのですが、その時の私はその出来事をしばらく引きずっていました。もしかすると、その子にも家族が応援しに来てくれていたのかもしれないし、その子のスーパーセーブを楽しみにしていた人がいたのかもしれません。勝ち負けのあるスポーツというものにどんなふうに取り組めばいいのかすごく悩みました。

そんな時にその答えを教えてくれたのは、コートジボアール代表のディディエ・ドログバという選手でした。その当時世界一身体が強いサッカー選手と言われていて、その国では本当に英雄のような存在でした。英雄なので、彼に勝ち負けは関係ありませんでした。彼が勝とうが負けようが彼の出場する試合はスタジアムが満席になるし、彼に勝った人も負けた人も、彼のことを尊敬します。もちろんサッカー選手なのでひたすら勝ちに拘ってプレーしている人なのですが、勝っても負けても周りに与えている影響は常にプラスのように、見えました。また、国内の紛争を止めるために必死で呼びかけていました。国のヒーローが紛争を止めるために戦っていることは、国の子供達にとって希望でしかなかったそうです。
この選手から大切なことを多く学ぶことができました。
 
私達はさまざまな人からのサポートを受け、関西学生ヨット選手権大会、全日本学生ヨット選手権大会で勝利を収めたいと思っています。そして、勝った瞬間に、皆さんから応援して良かったなと思ってもらえたり、ライバルチームにも、来年こそは頑張るぞと勇気を与えられるようなそんなチームになっていきたいと思います。冬のオフ期間が終わりこれから本格的に練習が始まります。ヨットの技術、人間性ともにもっともっと成長していけるように頑張ります。これからも甲南大学体育会ヨット部をどうぞよろしくお願い致します。

最後になりましたが、本日は西宮神社参拝に舟元会長、大辻監督、村尾ヘッドコーチ、高永コーチ、染谷コーチにご参加いただきました。ありがとうございました。
4 コメント

オフ期間ラスト練習

新4回生マネージャーの長安です。

本日の午前はAve.2m/s、Max.3m/sの北東の風の中、470チーム、スナイプチーム共に動作練習、回航練習を行いました。
本日から新しい取り組みとして「拘りノート」というものを作成しました。
このノートは出艇前にプレイヤー、一人一人が本日の目標や課題を記入し、着艇後にその目標における反省点、次回の課題を記入します。
ヨットノートを書くことを習慣づけるため、一人一人が課題を明確にし練習効率を上げるため、モチベーションの向上のため、など様々な目的があります。
この取り組みを継続し、より強いチームを目指します!

午後はAve.1m/s、Max.2m/sの北東の風の中、470チーム、スナイプチーム共に動作練習、帆走練習、回航練習を行いました。
着艇後のクラス別ミーティングでマネージャーチームは、トラブルシューティングを行いました。今後の練習に向けて、より一層レスキュー体制を整えて活動してまいります。

12月末からオフ期間に入り、本日まではオフ期間練習として活動してきました。明日からオフ明けとなり本格的に練習が始まります。
明日は西宮神社にて海上安全をご祈祷いただきます。
本年もマネージャーチームとしてプレイヤーが安心して練習できる環境作り、安全管理を行います。

最後になりましたが、本日は大辻監督にレスキュー艇よりご指導いただき、着艇後にミーティングをしていただきました。また、吉岡さんにもレスキュー艇よりご指導いただきました。ありがとうございました。
0 コメント

素晴らしい1日

新3回生470スキッパーの秋元です。

本日は、午前はAve.3m/s、Max.5m/sの北東の風で練習を行い、午後はミーティングを行いました。

9時頃は風がなかったため、出艇を見送りスナイプチームはシミュレーションを、470チームはミーティングを行いました。ミーティングでは目標となる動作やセールシェイプを動画を見て確認しました。

出艇した後は両クラス分かれてサークリング練習、動作多めの帆走練習、回航練習を行いました。

本日は北風だったこともあり、強弱や振れが顕著に現れる風でした。そのなかで、どれだけその時吹いている風に、セールを合わせることができるかを意識して練習に取り組みました。
ブローがはっきりと見えている時はクルーと会話をし、ブローに対応していきました。だんだんと対応するスピードは上がっていきましたが、コントロールシートを触っている時に真っ直ぐ走れていない事が多く、手元をみる時間を短くすることが課題として出てきました。また、風がおちた時の対応を練習もすることができましたが、いかにパワーを逃がさずにセールを合わせ走れるかという点において、また新たに課題を感じました。

回航練習では、スナイプチームと合流し練習を行いました。艇数が増える分、他艇を気にしながら練習することができました。合同で練習することは両クラスにとって良い事だと感じています。

また、練習前のミーティングで私の苦手であるジャイブの動作を見て、先輩や同期からアドバイスを受けていたため動作のイメージがしやすく、以前と比べると動きが良くなったと感じました。出艇前にその日の風の予報を見て、その風での動作やセールシェイプを予習することの大切さを改めて実感しました。

オフ期間に入ってから2回目の練習ということもあり、ヨットに乗る感覚を少し忘れていましたが、本格的に練習に入る前に感覚を思い出すことができ、新たな課題発見や出来たことがあった良い1日となりました。

最後になりましたが、本日は大辻監督に艇庫まで足を運んでいただき、ミーティングに参加していただきました。ありがとうございました。
0 コメント

オフ明けに向けて


新4回生マネージャーの永井です。

まだオフは明けておりませんが、昨日に引き続き活動を行なっております。

本日は1時間ほど風待ちのためシミュレーションを行い、その後Ave.1.5m/s、Max.2.5m/s程の南風の中470級、スナイプ 級ともにサークリング練習、動作練習を行いました。

本日はあまり風が吹きませんでしたが、オフ明け前に基本動作の確認が出来る良い機会となりました。
また、昨日の大辻監督による技術ミーティングで学んだ事を一つずつ確認する機会になったかと思います。
頭でも身体でもヨットの事を学び、オフ明けに向け着実に準備を行なっております。

2月15日より本格的に練習が再開されます。
今年度は暖冬と言われていますが、コンディションの悪い日もあるかと思います。
マネージャーチームとしても、冬は特に気を抜くことが出来ない季節です。
新2回生から幹部まで、マネージャー全員が等しく知識を付けるためにもトラブルシューティングを重ね、気を抜かず安全管理に取り組んで参ります。

また、昨日より今年度入学の松本さんが練習に参加してくれています。
新2回生が先輩として後輩に接している姿を見てとても嬉しく感じます。
春休み期間には、現役部員の技術向上はもちろんですが、新入生を迎える準備も併せて進めて参ります。

最後になりましたが、本日は大野さんに艇庫に足を運んでいただきました。そして、菅原さん・増田さんにレスキュー艇よりご指導いただきました。また、横山さんより差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

ヨットを忘れるな

新4回生470スキッパーの菊田です。

12月下旬から長期オフ期間に入り、1月末にはテストがあったことからヨットを考える機会や乗る機会が減っていました。
しかし、中にはオフ期間に自主的にオフ練習をする部員も多々見受けられました!オフ練習をする部員が増えると、他の部員のモチベーション向上にも繋がるので、積極的に行って欲しいです!

本日は、大辻監督にヨット講座を行っていただきました。
講座の主旨としては、オフ期間で一時的に離れているヨットの事を思い出し、ヨットの知識の復習をする為の講座です。
本日の講座では、ヨットの基礎的な知識の復習、ヨットが走る原理、セールの形など、練習をする以前の大事な部分となる知識を教えていただきました。


今月の16日には西宮神社参拝があり、本格的に練習が始まります。現役には本格的な練習が始まるまでに、オフ期間で忘れていたヨットの感覚をいち早く取り戻して欲しいです。
また、今年からは一人一人の目標や拘りを紙に書き張り出し、可視化して意識改革を行なっていきます!
一人一人が個人の目標を考える事で、個人としてだけではなく、チームとしても成長する事を目指します。

明日は、久しぶりの海上練習があります。本日学んだ知識を振り返り、ヨットに集中して取り組んでいきます。

最後になりましたが、本日は大辻監督に講座を行なっていただき、石田さんに足を運んでいただきました。また、新4回生岩階の保護者様から差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント