Blog


代交わりにあたって

新4回生スナイプスキッパーの山口です。

更新が遅くなり申し訳ありません。
昨日は土曜日に引き続き、艇の整備と指導陣の方々との個人面談を行いました。

指導陣の方々と面談をしてみて、普段から考えていることを実際に言葉にしてみたり、書き出してみる事は貴重な機会だと感じました。
これから就職活動や部の運営等の仕事と責任が増える上で、どのように部活に向き合っていくのかを考えるきっかけになったと思います。

私は最近、艇庫の清掃など身近な環境の改善に携わっています。
この仕事をしてみて感じたことは、小さなことでも一度暗黙のルールになってしまった事を変えるには、大きなエネルギーが必要だということです。
ですが、代交代した今しか改革・改善を進める事が出来ないということもあるので、引き継ぐべき良い点と、変えなければならない点を今年中に見つけようと考えています。

また、技術面に関しても改善するべき点が多くあると考えています。
それはミーティングの質の向上です。ヨットは膨大な知識と感覚の両方を必要とするスポーツです。
ミーティングで知識面を増やし、海上の練習で感覚を掴む必要があります。本当に現在の練習で実践出来ているのかと指摘され、反省する部分があったと痛感しています。
部として練習する事で、誰もが上達していけるような仕組み作りが必要だと考えています。
指導陣の方々や同期と協力して環境面でも、練習面でも、改革・改善をしていこうと思います。

最後になりましたが、昨日は大辻監督、村尾ヘッドコーチ、横山コーチに部員の面談を行なって頂きました。また、新3回生永井のご父兄より差し入れを頂きました。ありがとうございました。
0 コメント

3828改造計画


新4回生470クルーの森です。

昨日で今年最後の練習を終え、本日より整備期間に入りました。
去年、整備箇所を細かく見直し、未然に防いだことから今年は大きな破損が少なかったように思います。
今年はその土台を元に、さらに艇の状態を良くしていきたいと思います。

私が担当になったのは470の3828です。
本日はスタン側のハッチが浮いていたのでつけ直そうとリベットを外していたものの、全然取れませんでした。しかし、ハッチを引っ張ればそのまま全てのリベットが抜けました。サイドに水が入っていた理由が分かりました。
ハッチはもう劣化が進み、使えない状態です。ハッチをお持ちの方、ぜひお待ちしております。


話が変わってしまいますが、広報誌、甲風TODAYを毎月ご覧頂いている皆様、ご愛読頂きましてありがとうございます。
私は甲風TODAYの作成を担当しております。
今年からは発行月と記事のズレを解消するために新たなルールを設けました。
皆様にもっと新鮮でワクワクする記事をお届けできればと思っております。
ぜひ、こうしたほうが良い、こんな記事が欲しいなど様々なご意見を頂ければとても嬉しく思います!

私の(ヨット部としての)いいところは、一年中一定に保たれる体重です。
この冬もしっかり体重管理していきます。
今年も残りわずか、精一杯がんばります!
最後になりましたが、本日は舟元会長、安栗さん、岡田さん、加藤さんに艇庫に足を運んで頂きました。
ありがとうございました。
0 コメント

艇に感謝!


新4回生470スキッパーの村松です。

本日は午前にAve.3m/s、Max.5m/s程の風の中、470チームは台形コースの回航練習、スナイプチームは動作練習を行いました。

この時期は基礎固めが重要であるという考えから、短めの回航練習を主に行なっています。
本日はマークを4つ使い、台形コースで回航練習を行いました。
普段良く行う上下の回航練習とは少し違い、スピンを上げるか上げないか、またどの角度で上げるのか、ジャイブをするタイミングはどこか等を事前に考え、行動することが必要とされます。

マークを回航する上で先読みをする事は重要であり、マークを事前に確認する事、常に先を考え回航する事、その上で一つ一つの動作を丁寧に行う事を意識して練習に取り組みました。
今回の練習で自分自身、バランスに対する意識が欠けていると感じ、今後の課題となりました。

本日は、オフ前最後の練習でもあり、明日からは艇の大きな整備期間となります。
1年間、毎週末一緒に練習を行ってきた艇に感謝し、愛情を込めて徹底的に整備を行います。

艇庫締めの後からも、これらの艇はまた1年間共に練習し、レースで闘っていく大切な存在であり、私達が競技を行う上で決して欠かせない存在です。
その艇を部員全員で再確認し、今後の目標に向かって練習を行っていきます!
その為に、まずは明日から私達の方針にもある「徹底」という言葉の様に、妥協のない整備を行っていきます。


最後になりましたが、新3回生岩階のご父兄より差し入れを頂きました。
ありがとうございます。
0 コメント

冬季練習に備えて

新4回生マネージャーの森です。

本日は午前にAve.3m/s、Max.3.5m/s程の北風が吹き、470チーム・スナイプチーム共に、上下回航練習を行いました。

午後はAve.1m/s、Max.1.7m/s程の東風の中、470チームはラダーレスのサークリングやロールタックの練習、スナイプチームはサークリング、動作練習を行いました。



今年度は、整備期間を12月中に設けることにしました。
また、オフ期間中に技術を忘れてしまう事を防ぐために、何度か練習をすることに決めました。

整備に関しては、ヨットはもちろんですが、レスキュー艇の整備についてもプレーヤーに協力をしてもらいながら、修繕していきたいと考えています。
また、今後の練習に備え、レスキュー艇のトラブルを起こさないために点検も含め、部員一同徹底していきたいと思います。

12月半ばからはオフ期間に入ります。
オフ期間であれ、勝つためにすべきことはたくさんあります。
プレーヤー・マネージャー問わず全員でルール面の強化や、ヨット偏差値の向上に努めていきたいと思います。

最後になりましたが、本日は大辻監督、村尾ヘッドコーチ、横山コーチにお越し頂き レスキュー艇よりご指導頂きました。ありがとうございました。
0 コメント

次に繋がる練習


新4回生スナイプクルーの吉岡です。

本日は、午前はAve.3〜4m/s、Max.5m/sの南西の風、午後はAve.1〜6m/s、Max.6m/sの南から北まで回る不安定な風でした。

470チームは午前はショートラウンディング、午後はアビーム練習と動作練習を行いました。
スナイプチームは、午前中に関しては関西学生ヨット新人選手権大会が1レースのみで成立しましたので、レース練習を行いました。午後は風が不安定だったので動作練習と回航練習を行いました。

レース練習では公式戦の反省を生かすためにブローを優先するべきか、振れを優先するべきかをしっかり考え、レース毎に違うコースを試しながら取り組みました。

レース練習を通して最も感じた事はコースも大事ですが、スタートが何より大切で、その点に関して自分にまだまだ甘い事が分かりました。
急な振れに対する対応が遅く、本番では出来ない戻り方を何度もしてしまいました。

ですので、今後の練習では振れにいち早く気づけるよう、風見やテルテールなどを今までよりも注意して見たり、ブローが降りて来ている方向から先読み、他艇の動きを意識するようにします。

動作練習では、スキッパーを上手くリード出来ず、ロールをかけるタイミング、起こすタイミングが揃わず苦戦しました。
この冬練習、春練習を通して苦手を克服し、レベルアップ出来るよう頑張っていきます。
0 コメント

基礎練習


 新4回生スナイプスキッパーの堤です。

 本日は、午前は北東のAve.1〜2m/s、午後は南西のAve.5〜6m/s程の風が吹き、午前午後共によく振れる風でした。

 本日は午前・午後共に基礎練習を行いました。
午前は、微風でしたので、メインセールが詰まりすぎていないか、ヘルムが適正か、ブローの入り方を意識しながらクルーとのコンビネーションを大切にし、練習を行いました。
午後は、強風でしたので、波の対処(メイントリム、ハンドリング)、セッティングに注意し、艇を止めない事を意識しました。

基礎練習の目的は、艇をいかに早くトップスピードに持っていくのか、艇のスピードが落ちてしまう時にどれだけスピードが落ちないようにするかだと思います。なので、午前・午後を通してその事を最も意識して練習に取り組みました。

 私は本日の午前中の風のような微風を苦手風域としているので、練習の度に今日出た課題を一つ一つ潰していき、早く次の段階にいきたいです。
また、先日ありました関西学生ヨット新人選手権大会ではあまり納得のいく成績を出すことができなかったので、明日もまた、一から動作の見直しを行い、これからのレースで後悔のないように日々精進していきます。

幹部になり、ヨット以外の面でも考えることが増えました。自分自身を成長させることに加えて、後輩の育成をしていかなければなりません。
そのために隙間時間を利用して、オフの合間に少しでもヨット偏差値を上げられるよう努めていきたいと思います。

最後になりましたが、本日は新4回生森貴映のご父兄より差し入れを頂きました。ありがとうございます。
0 コメント

秋新2日目


新4回生スナイプスキッパーの桑原です。


本日は関西学生ヨット新人選手権大会の2日目でした。


朝から風が安定していませんでしたが、北東の風が吹いていましたので、定刻通りD旗が掲揚されました。

しかし、最終予告の時間ギリギリまで海上待機をしたものの、残念ながら風が吹きませんでした。

そのため、本日はレースが行われませんでした。

よって、今大会は昨日行われた1レースによって成績が決まりました。


今大会は、我々の弱い箇所が、明確に見えたと考えます。

それは、微風での不安定な海域の走らせ方というような技術的な事だけではなく、曳航のやり方や、時間の使い方等、レースの内容より前に重要な安全面に関することです。


新世代に交代してから、ソフト面、ハード面共に、未だに整備しきれておらず、「とりあえず新人戦」という考えでいたというのは事実であります。

これから年内にかけて、部内におけるあらゆる整備を進めると同時に、技術面でもまだまだレベルが低いので、ボトムアップを意識しながら練習していきたいと考えております。


本日の午後は、今年度から新しく発足された部内での係の役割について詳しくミーティングを行いました。 

各部員に役職を振る事で、各自が責任を持つようになり、より全体の意識アップに繋がると考えます。

それだけでなく、艇やレスキュー艇、バーゼル、艇庫、セイル、マスト等々、挙げればキリがありませんが、そういったことをきっちりと整備できるというメリットもあります。

各部員の筋力の管理、ルールや安全面の知識など、係は多く有りますが、各部員が責任を持って取り組んでいきます。


私自身の話になりますが、私は今年度スナイプリーダーに任命されました。

上に立つ人間としてはまだまだ成長しなければならない点が多くあり、また多方面の方々から多くのご指摘を頂いております。

言葉だけ、上っ面だけきちんとしていても、内面や普段の行動から改めていかなければ、現役含め皆様の信用を得られないと考えております。まだまだ至らぬ点、未熟な点が多く見受けられると思いますが、精一杯取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願い致します。


最後になりましたが、本日は横山コーチにレスキュー艇に乗って頂き、浦新さん、尾川さん、寺尾さん、中村さん、三谷さんには運営に携わって頂きました。また、染谷さん、藤井さん、村松さんにはヨットに乗って頂きました。

そして、新2回生原田のご父兄より差し入れを頂きました。

この2日間、たくさんの方に運営に携わって頂き、たくさんのご支援をして頂きました。ありがとうございました。

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

本日のレースはノーレスとなったので、昨日の暫定成績が最終成績となりました。

最終団体成績(オープンなし)

470級(全58艇)


1位 関西学院大学B 7.5pt

2位 関西学院大学A 21.3pt

3位 関西学院大学C 31.5pt

4位 兵庫大学医学部 34.0pt

5位 甲南大学B 36.8pt

6位 九州大学37.0pt


7位 甲南大学A 40.0pt



スナイプ級(全54艇)


1位 関西学院大学A 6.67pt

2位 関西学院大学B 13.5pt

3位 関西大学 18.0pt

4位 大阪大学 19.7pt

5位 近畿大学 22.7pt

6位 甲南大学B 24.5pt


7位 甲南大学A 26.3pt


最終団体成績(オープンあり)


470級(58艇)


1位 関西学院大学B 7.5pt

2位 関西学院大学A 21.3pt

3位 関西学院大学C 31.5pt

4位 兵庫医科大学 34.0pt

5位 甲南大学B 36.8pt

6位 九州大学 37.0pt


7位 甲南大学A 40.0pt


スナイプ級(全54艇)


1位 関西学院大学A 6.7pt

2位 関西学院大学B 13.5pt

3位 関西大学 18.0pt

4位 大阪大学 19.7pt

5位 近畿大学 22.7pt

6位 甲南大学B 24.5pt


7位 甲南大学A 26.3pt


本日は風が安定しなかったため、レースは実施されませんでした。今大会は、1レースを実施し終了致しました。ご声援ありがとうございました。

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

第2レース
470級、スナイプ級共に風が落ちたためN旗が掲揚されノーレースとなりました。
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

第2レース

10時23分にスナイプ級がスタートしました。


0 コメント

関西学生ヨット選手権大会

第2レース

10時15分に470級がスタートしました。

0 コメント

関西学生ヨット選手権大会

10時10分にオレンジ旗が掲揚されましたが、風が安定しないためAP旗が掲揚されました。
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

8時35分にD旗が掲揚され両クラスとも元気に出艇していきました。
応援よろしくお願いします。

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

関西学生ヨット新人選手権大会の配艇をお知らせします。


470級(全58艇) (  )はセール番号

Aチーム

28 4428(4240)  村松叶・森組

29 4409(4149)  菅原・増田組

30 4240(4138)  杉浦・龍野組


Bチーム

54 4138(3828)  菊田・原田組

55 3632(3632)  岸田・秋元組

56 4149(4428)  村松さん・井上組

57 3828(4497)  藤井さん・岩階組


スナイプ級(全54艇)

Aチーム

28  30234(30781)  桑原・上原組

29  30781 (30987) 木下・大石組

30  30235(30969) 山口・吉田組


Bチーム

54  30722(28411)  前田・岩崎組

55  30417(28939) 蟬川・吉岡組

56  28124(30417)  津嶋さん・村上組

57  28505(30234) 染谷さん・尾畑・宇仁組

0 コメント

秋新1日目

新2回生470クルーの原田です。

本日は関西学生ヨット新人選手権大会1日目でした。

午前中は風がなかなか吹かず、AP旗が掲揚されたため、陸待機が続きました。
午後はAve.2m/s、Max.4m/s程の南風で、とてもブロー差の激しい海面でした。微風の中でしたが、なんとか1レースを行うことができました。

今回は470クルーとして出場する初めてのレースでしたが、緊張というよりも、楽しみな気持ちで臨むことが出来ました。
初めの頃に比べると、出来る事が増え、以前、スナイプクルーとして臨んだレースよりも少し周りを見る余裕が持てたと思います。

今回、私は村松さんと出場させて頂きました。
微風時のクローズでのジブ、ヒールの繊細なトリムを教えて頂き、海で1つ技術を得て帰ってくることが出来ました。それと同時に、練習の足りていない箇所もいつも以上にはっきりと分かり、これからに繋がるレースとなりました。

4回生の引退と同時に新体制が始まり、1回生だった私たちは新2回生となりました。
来年、2回生でも全日本の舞台で活躍できるクルー、スキッパーとなるために今後とも同期で切磋琢磨し、練習に励みたいと思います。


最後になりましたが、本日は大辻監督、尾崎コーチ、横山コーチにはレスキュー艇に乗って頂き、村尾ヘッドコーチ、山本テクニカルコーチにはミーティングをして頂きました。また、染谷さん、津嶋さん、藤井さん、村松さんにはヨットに乗って頂き、穴迫さん、岡畑さん、交河さん、德永さん、畑さんには運営に携わって頂きました。

また、新4回生桑原先輩、森貴映先輩のご父兄に差し入れを頂きました。
ありがとうございます。

 明日も引き続き行われる関西学生ヨット新人選手権大会での甲南大学体育会ヨット部の活躍をご期待ください!

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

1日目 暫定成績(団体)


470級(全58艇)


1位 関西学院大学B 7.5pt

2位 関西学院大学A 21.3pt

3位 関西学院大学C 31.5pt

4位 兵庫大学医学部 34.0pt

5位 甲南大学B 36.8pt

6位 九州大学37.0pt


7位 甲南大学A 40.0pt



スナイプ級(全54艇)


1位 関西学院大学A 6.67pt

2位 関西学院大学B 13.5pt

3位 関西大学 18.0pt

4位 大阪大学 19.7pt

5位 近畿大学 22.7pt

6位 甲南大学B 24.5pt


7位 甲南大学A 26.3pt


本日は1レースを消化し、終了しました。

明日も応援の程よろしくお願い致します!


0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会


470級(全58艇)

第1レース フィニッシュ


1位 甲南大学 (菅原・増田組)

2位 関西学院大学 A 

3位 関西学院大学 A

4位 関西学院大学 C (オープン)

5位 関西学院大学 B

6位 神戸大学


13位 藤井さん・秋元組

16位 村松さん・原田組


DNF

村松叶・森組

杉浦・龍野組

菊田・井上組

岸田・岩階組




スナイプ級 (全54艇)

第1レース フィニッシュ


1位 関西学院大学 A

2位 近畿大学 (オープン)

3位 甲南大学 (染谷さん・尾畑組) (オープン)

4位 関西学院大学 C (オープン)

5位 大阪大学

6位 大阪大学 (オープン)


18位 津嶋さん・村上組

19位 桑原・上原組

22位 蟬川・吉岡組

27位 山口・吉田組

33位 木下・大石組

DNF 前田・岩﨑組

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

スナイプ級(全16チーム) 団体成績速報


1位 関西学院大学 A 8.3pt

2位 近畿大学 9.7pt 

3位 関西学院大学 C 12.0pt 

4位 九州大学 12.0pt 

5位 関西学院大学 B 16.5pt 

6位 関西大学 21.0pt 


8位 甲南大学B 26.0pt 

9位 甲南大学A 29.3pt

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

スナイプ級 (全54艇)

第1レース フィニッシュ速報


1位 関西学院大学 A

2位 関西学院大学 C (オープン)

3位 近畿大学 (オープン)

4位 甲南大学(染谷さん・尾畑組)

5位 九州大学 (オープン)

6位 関西学院大学 C (オープン)



21位 津嶋さん・村上組

22位 桑原・上原組

25位 蟬川・吉岡組

30位 山口・吉田組

36位 木下・大石組

54位 前田・岩﨑組

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

第1レース

スナイプ級 (全54艇) 1上速報

1位 関西学院大学A
2位 関西学院大学C (オープン)
3位 近畿大学 (オープン)
4位 九州大学 (オープン)
5位 甲南大学 (染谷さん・尾畑組)
6位 大阪府立大学

18位 蟬川・吉岡組
20位 津嶋さん・村上組
26位 木下・大石組
33位 山口・吉田組
54位 前田・岩﨑組
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

第1レース

‪470級(全58艇) 1上速報‬

‪1位 関西学院大学C (オープン)‬
‪2位 関西学院大学A‬
‪3位 甲南大学 (菅原・増田組)‬
‪4位 関西大学 (オープン)‬
‪5位 関西大学 (オープン)‬
‪6位 関西学院大学B‬

‪10位 藤井さん・秋元組 (オープン)‬
‪34位 村松さん・原田組 (オープン)‬
‪40位 村松叶・森組‬
‪50位 菊田・井上組‬
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

第1レース

14時27分にスナイプ級がスタートしました。
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

第1レース

14時20分に470級がスタートしました。
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

13時14分にAPHが降下し、
13時15分に470級のD旗が掲揚されました。
13時20分にスナイプ級が掲揚されました。

一度着艇しましたが、集中力を切らさず頑張ります!
0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

風が無いため、11時59分にAP旗が降下し、

12時00分にAPH旗が掲揚されました。

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

10時40分に470級のD旗が掲揚されました。

10時45分にスナイプ級のD旗が掲揚されました。


本日は4レースまたは5レースを消化する予定です。

本日もご声援の程よろしくお願い致します!

0 コメント

関西学生ヨット新人選手権大会

本日の配艇をお知らせ致します。

470級(全58艇) 
(  )はセール番号 

Aチーム 
28 4428(4240)  村松叶・森組 
29 4409(4149)  菅原・増田組 
30 4240(4138)  杉浦・龍野組 

Bチーム 
54 4138(3828)  菊田・井上組 
55 3632(3632)  岸田・岩階組 
56 4149(4428)  村松さん・原田組 
57 3828(4497)  藤井さん・秋元組 

スナイプ級(全54艇) 

Aチーム 
28  30234(30781)  桑原・上原組 
29  30781 (30987) 木下・大石組 
30  30235(30969) 山口・吉田組 

Bチーム 
54  30722(28411)  前田・岩崎組 
55  30417(28939) 蟬川・吉岡組 
56  28124(30417)  津嶋さん・村上組 
57  28505(30234) 染谷さん・尾畑・宇仁組 

また、今回の大会ではオープン参加の艇に (オープン) と書かせていただきます。
レース公示より、オープン参加の艇は表彰対象外となります。

本日もご声援の程よろしくお願い致します。
0 コメント

新たな第一歩


新4回生470スキッパーの杉浦です。

本日は、午前はAve.3m/s、Max.5〜6m/s程の北西から南西に回る風で、更に大きくブローの強弱もあるとても難しい海面でした。

本日は470チーム・スナイプチーム共に帆走練習を行いました。

風速の変化に合わせたタックやジャイブの動作の確認、普段一緒に乗ることの少ない2人でコミュニケーションを取りながら、レースに向けて最後の調整をしました。

午後は出艇禁止のため整備をしました。

代変わりしてからまだ1ヶ月も経っていませんが、もう最初のレースが明日から始まります。「もう」と書きましたが、実際には「やっと」という気持ちもあります。

去年から舟元会長、大辻監督、村尾ヘッドコーチを始めとする指導陣の方々と何度もミーティングを行い、新体制にスムーズに移行するために準備を進めてきました。
もちろん、これから先の話もたくさんさせて頂いています。
やっと、今の関西水域での私達の実力がはっきりと表れる日が来ました。

明日から行われる関西学生ヨット新人選手権大会では470が58艇、スナイプが53艇と初めて経験するような大フリートです。
普段から練習している環境であるのにいつもより緊張しているな、と幹部という立場の責任の重さを少しながら実感しています。
村松さん、藤井さんもBチームとして菊田、岸田とともに出場して頂けるということで、Aチームの村松(叶)、菅原の3艇全てで、全力で点差を広げにいきたいと思います。

今回のレースには、九州大学等、他水域からも実力校が来ているという事もあり、盗める所は見て盗み、スピードを比べ、数多くの艇と競い合う事の出来る良い機会です。
今年の全日本学生ヨット選手権大会に向けてホームの西宮で大フリートのレースが出来ることはチャンスであると思っています。

団体戦では、特に「英語は叩かない」ということが重視されますが、ここではまだチャレンジできる時、していくべき時です。しっかり考えた上で次に繋がる挑戦をしていけたらと思います。

また、運営にたくさんのOB・OGの方々が携わって頂ける事に感謝して、新たな第一歩を大きく踏み出せるよう、深呼吸をして臨みたいと思います。

 最後になりましたが、本日は村松さん、染谷さん、藤井さんに練習に参加して頂きました。ありがとうございました。

 これからも引き続き甲南大学体育会ヨット部のご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

1 コメント

引退式


新2回生マネージャーの井上です。
更新が遅くなり申し訳ありません。

本日は一部練習を行いました。
Ave.2〜3m/s、Max.5m/s程の北風の中、470チームは帆走練習と回航練習を行い、スナイプチームは帆走練習、スタート練習を行いました。

私が船舶免許を取得してから、もうすぐ一ヶ月が経ちます。そろそろ一人でレスキュー艇に乗れる様にならなければいけないのですが、まだ先輩マネージャーに頼ってしまう場面がいくつかありました。
一人で状況判断をすることがあまり出来ていないので、一人でどんな状況にも対応できる様になりたいと思います。

着艇後は艇の整備を行いました。その後、旧幹部の方々の引退式が行われました。

私達後輩への心強いアドバイスや先輩方の経験談を通して、私達に伝えたいこと等を話してくださり、一人一人の部活に対するいろいろな思いを聞くことが出来ました。

先輩方の話を聞きながら、甲南大学体育会ヨット部に入り、先輩方に出会えた私は本当に恵まれているなと改めて思いました。
私が3年後、引退式に出て、後輩に何を伝えることが出来るのだろうと思った時に、今の私と同じ事を後輩に思ってもらえる様に、私も立派な先輩になりたいと思います。
先輩方のように、心からこの部活に入って良かったと胸を張って最後に言うことができる様に頑張りたいと思います。
先輩方、4年間本当にお疲れ様でした。
そして今までありがとうございました。

最後になりましたが、本日は舟元会長、大辻監督、村尾ヘッドコーチ、尾崎コーチ、横山コーチに引退式にご参加頂き、また山本テクニカルコーチには着艇後にミーティングをして頂きました。ありがとうございました。
3 コメント

中身の濃い練習

新2回生スナイプスキッパーの蟬川です。

本日、午前はAve.1m/s程の北風、午後はAve.4m/s、Max.6m/s程の北東の風でした。

午前中470チームは、動作練習、回航練習を行いました。
スナイプチームは、微風時での動作練習を行いました。

私は、特に微風時でのジャイブアングルが安定しないことが多いため動作練習では、ジャイブ前に風向を確認することを意識しました。

午後は470チームは帆走練習、回航練習を行い、スナイプチームは帆走練習、ラウンディング込みのスタート練習を行いました。
私は、スタート練習では上から出ようと思い、早めに止まっていたのですが、思うようにスタートを切ることが出来ませんでした。
スタートを何本か行う中で、ライン把握が甘い事、同じ場所をキープして止まり続ける事が出来ていないと気づきました。
そのため、ラインとの距離が近くなってしまい下にルームを作ることが出来ず、フルスピードでスタートを切る事が出来ませんでした。

明日もスタート練習を行う予定ですので、今日見つかった課題を少しでも克服できるように練習に励んでいきたいと思います。

来週行われる関西学生ヨット新人選手権大会では、高校生の時からの経験を生かし、前を走りたいと思います。
ご声援の程よろしくお願い致します。

最後になりましが、本日は尾崎コーチにヨットに乗って頂き、ご指導して頂きました。
ありがとうございました。
1 コメント