Blog


関西インカレに向けて

4回生スナイプクルーの山口です。
本日は、午前Ave.3m/s、Max.4m/sの南西の風の中470チームスナイプチーム共に、帆走練習をしてから日本大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、近畿大学と合同でレース練習を行いました。
午後は、Ave.5m/s、Max.7m/sの南西の風の中午前に引き続き合同でレース練習を行いました。
また、ユースチームは回航練習、帆走練習を行いました。


今回のレガッタは非常に高い水準のレガッタであると思いました。常に横並びで、失敗した艇から脱落していくようなレースでした。他水域の大学の参加もあり、普段の関西水域よりもボートスピードを出すことの出来る艇が多かったので、アプローチライン付近では艇団が団子状態になることが多かったです。全日本学生ヨット選手権大会では70艇近くがスターボアプローチに並んできますので、走ることの出来る場所を探すこと、艇団から頭一つ飛び出すことが理想のレース展開だと改めて思いました。

午前中は甲南チーム3艇のボートスピードが悪く、上位となることが中々出来ませんでした。しかし、午後に風があがってくると上位で複数回フィニッシュ出来たレースもあったので、しっかりと戦えたと思います。関西学生ヨット選手権大会、全日本学生ヨット選手権大会に向けて、順風域以下でのボートスピードの強化に向けて練習していきます。

他水域の艇はピンチな走りをする艇が多かったと思います。スタート後の減速しないハンドリングを使って走るピンチモードと、VMGで最速の走りを使い分けて、艇団に対して自艇を走りたい位置に持っていくことを意識したいです。

今回のレースは全日本を意識できる貴重な経験でした。関西学生ヨット選手権大会も近くなってきましたので、今回でた課題を潰していき、次に繋げます!
0 コメント

完敗

4回生470クルーの森です。

昨日は、午前中Ave.3m/s、Max.4m/sの南西の風の中470チームは帆走練習をスナイプチームは帆走練習、ユースチームは動作練習と回航練習を、午後はAve.4m/s、Max.6m/sの南西の風の中、470チーム、スナイプチーム共にレース練習を行いました。また、ユースチームは回航練習と帆走練習を行いました。


午前の帆走練習では、5分ごとに止めてコントロールロープの調整を共有したり、スキッパーを乗せ替えて助言し合うなど全体のボートスピードの追求を行いました。

午後は遠征に来ている日本大学、立命館大学、関西大学との合同レース練習を行いました。正直、一言で表すと完敗でした。スタート前におけるバウアップや他艇の押さえ方、ボートスピード、回航動作全てにおいて甲南チームは劣っていました。低めに位置取り、スタート2秒前にはトップスピードという関東のスタートについていけず、かぶされることが多かったです。

しかし、私は関西学生ヨット夏季選手権大会の反省としてスタート後のリカバリーを挙げており、今回のレース練習では失敗後のリカバリーがすぐにできたため、大きく遅れることはなくその後のシフトを掴んで順位を上げられたように思います。

着艇後は日本大学の方とも話すことができ、現在関東でもトップクラスとされる日本大学の艇のシステムやヨットについて教えていただくなど交流を深めました。日本大学は来週月曜日まで西宮にいるそうなので、本日以降も合同レース練習を行い少しでも吸収できるように頑張りたいと思います。

最後になりましたが、昨日は4回生堤のご父兄より差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

夏季選手権2日目

4回生マネージャーの森です。
本日は横山コーチにお越し頂きミーティングをして頂きました。
その後1時間程度陸上で風待ちをし、225〜240°Ave.4m/s、Max.5m/sの比較的安定した風の中 3レースを実施しました。
今大会では他水域から立命館大学、京都大学、岡山大学が参加していました。
全日本学生ヨット選手権大会が西宮で開催されるため、今後もたくさん他大学の方たちが練習に来るかと思います。
合同練習や積極的な交流により、より良い情報を交換出来るよう努めます。

そして、毎年夏が来ると暑い暑いと言ってしまいますが、今年も一段と暑いです!!
熱中症や体調管理には十分注意しスポーツドリンクや熱中症対策の飴、保冷剤などたくさんクーラーボックスに積み練習に取り組んでいます!
また、今年の夏は『午後は結構吹く!』というのが特徴です。
午前は3〜4m/sでの練習、午後は8m/s〜10m/sでの練習が主流です。赤旗が掲揚されることも度々ありました。
4回生は引退が近づき練習時間が残り少なくなってきましたが、まだまだ成長できる時間は十分にあります。有効に活用し目標を目指します。

最後になりましたが、本日は間下さん、石田さんにプロテスト艇・運営艇、岡畑さんに支援艇に乗って頂き、赤尾さんにはヨットに乗りレースに参加して頂きました。
お忙しい中、またお休みの中お越し頂きありがとうございました。
また、横山コーチ、石田さん、4回生桑原のご父兄より差し入れを頂きました。ありがとうございます。
3 コメント

夏季選手権大会 2日目

チーム順位 最終成績

470級(全12チーム)

1位 関西学院大学A 75.3pt
2位 甲南大学A 96.7pt
3位 京都大学 107.3pt
4位 神戸大学 123.3pt
5位 立命館大学 138pt
6位 近畿大学 152.7pt

スナイプ級(全13チーム)

1位 立命館大学 107.3pt
2位 甲南大学A 110.3pt
3位 関西学院大学A 115.2pt
4位 京都大学 129.7pt
5位 関西大学 144.3pt
6位 神戸大学 150.7pt

9位 甲南大学B 181pt

最終総合成績(全11大学)

1位 関西学院大学A 190.5pt
2位 甲南大学A 207pt
3位 京都大学 237pt
4位 立命館大学 245.3pt
5位 神戸大学 274pt
6位 大阪大学 345.6pt


0 コメント

夏季選手権1日目

4回生470スキッパーの村松です。

本日は、午前中はAve.3m/s、Max.4m/s、午後はAve.4m/s、Max.6m/sの南西の風の中、午前2レース、午後2レースを行いました。

本日は、ここ最近の気温の高さを考慮して午前と午後の間に一度帰着し、1時間ほど陸で休憩をするという、普段のレースとは違う環境でレースが行われました。

午前と午後で帰ってきた分、陸で反省を行うことが出来たので、いつもより1日のレースで得るものが多い日となりました。しかし、私達が普段行うレースではその様な時間はない為、海上でチーム内の情報共有が必要となります。気持ちの切り替えなどが多く大変なこともありましたが、逆に普段のレースでは海上でチーム内の情報共有が少なく、疎かになっていることに気づくことができました。

レース後のミーティングでは、ボートスピードや動作面、スタートなど個々に課題はありますが、明日のレースですぐに改善できる点を明確にし、まずはすぐに変えることの出来るところから挑戦していけるように話し合いました。
私自身、まだボートスピードに課題があるため、今日できることを行い、明日は少しでも速く走ることができるようにします。

今日はOB、OG、コーチなどからレースでのチームとしての動きについて、客観的な視点での御意見を頂きました。普段の練習で、自分たちができていると思っていたことも客観的な視点からするとバラバラであるように見え、詰めるところを詰め切れていないことが再認識できました。これから練習でも、陸の上でもチームとしての意識を高めていきたいと思います!

最後になりましたが、本日は秋山コーチには支援艇から、村松さんにはヨットからご指導いただきました。
また、間下さん、徳永さんには運営艇に乗って頂きました。
ありがとうございました。
2 コメント

関西学生ヨット夏季選手権大会 1日目

団体暫定成績

470級(全12チーム)

1位 関西学院大学 A 34.7pt 
2位 甲南大学 A 49.3pt
3位 京都大学 57pt 
4位 近畿大学 80pt
5位 立命館大学 80pt
6位 大阪大学 99.8pt

スナイプ級(全13チーム)

1位 関西学院大学A 57.7pt
2位 甲南大学A 59.3pt
3位 立命館大学 62.7pt
4位 京都大学 73.3pt
5位 関西大学 82.6pt
6位 大阪大学 103.5pt

7位 甲南大学B 110pt

暫定総合成績(全11大学)

1位 関西学院大学 A 92.4pt
2位 甲南大学 108.6pt
3位 京都大学 130.3pt
4位 立命館大学 142.7pt
5位 大阪大学 203.3pt
6位 和歌山大学 329.6pt

今大会の得点は、得点対象艇の得点合計を登録した艇数で除した得点を以ってチームの得点とします。

また、表彰の対象となるのはオープン参加艇を含まず、かつ得点対象艇が3艇以上のチームです。



総合得点は両クラスに参加し、表彰の対象となった大学のクラス別得点の単純合計で求めます。


0 コメント

関西学生ヨット夏季選手権大会

本日の配艇をお知らせします。 
470級(全54艇)
甲南大学A
28 4718 菅原 増田
29 4644 岸田 龍野
30 4497 村松 森 白坂

甲南大学B
35 4409 菊田 岩階
36 4240 村松 原田(オープン参加)
37 4149 赤尾 井上(オープン参加)本日は不参加となっています。

スナイプ級(全57艇)
甲南大学A
28 31517 桑原 𠮷田
29 30987 徳永 大石
30 30969 堤 吉岡

甲南大学B
35 30781 蝉川 宇仁
36 30235 木下 上原
37 30234 杉浦 山口

甲南大学C
38 30722 村上 谷
39 30417 尾畑 辻

ご声援のほどよろしくお願いいたします!
0 コメント

最後の夏

4回生470クルーの増田です。

本日は台風の影響で赤旗が掲揚されたため出艇は禁止になりました。
風が落ち着く12時に全員で集合し、ハーバーの清掃、被害確認を行いました。

昨年の台風21号の教訓を生かし、台風対策を行ったため大きな被害はなく、無事に明日からの関西学生ヨット夏季選手権大会は開催されそうです。
明日から開催される関西学生ヨット夏季選手権大会は、関西学生ヨット選手権大会までに全員で参加できる最後の大会です。他大学の勢力関係や自分達の実力を確認できる最後のレースとなります。
団体戦を意識してチームで前を走ります。

話は変わりますが、これからレースを控えて、マネージャーチームに新たな仲間が加わりました。
1回生の則木祐季奈さんです。
インタビューしてみました。
Q.艇庫生活には慣れましたか?
A.徐々に慣れてきました。

Q.マネージャーになって大変なことは何ですか?
A.船舶免許の勉強です。

Q.憧れの先輩はいますか?
A.チーフマネージャーの森加奈先輩です。少しでも早く近づけるように努力します。

Q.1年後の自分に向けて
A.船舶免許は無事取れていますか?チームの役に立てるように頑張ってください。

新たな戦力を加えて万全のサポート体制で関西学生ヨット選手権大会に臨めるように、レスキュー艇総責任者として、しっかりとサポート体制を整えていきます。引き続き応援の程よろしくお願い致します。

0 コメント

台風対策

平素よりご支援いただきありがとうございます。

台風10号の接近に伴い、赤旗が掲揚されたため本日は出艇できない状況でした。

今回も昨年度の台風21号と同様、高潮の影響が考えられます。

昨年度の台風では艇やレスキュー艇、艇庫にも多くの被害を受けました。
その経験から本日は関西学院大学・神戸大学の方と協力し、昨年度のような被害が出ない様、ハーバー全体の台風対策を行いました。
また、台風対策と並行してハーバーの清掃も行いました。


台風が過ぎ去るとすぐに関西学生ヨット夏季選手権大会が始まります。
練習できない日々が続きますが、今までの練習で積み重ねてきた力を発揮できるよう頑張ります!
ご声援の程よろしくお願いいたします。
2 コメント

一回生の夏休み

4回生470クルーの龍野です。
本日は全日本学生ヨット個人選手権大会、全日本学生ヨット女子選手権大会の計測が行われました。
また、Ave.6m/s、Max.7m/sの北東の風の中、午前中は1、2回生で構成されているユースチームがレーザーとスナイプで出艇し、回航練習を行いました。
午後は計測が終わり次第スナイプチーム、470チーム共に出艇し、帆走練習を行いました。

計測は、前日からの準備もあり、順調に終了致しました。

夏の練習からユースチームを作り1、2回生を中心にレーザーに乗り、練習を行っています。
普段470級やスナイプ級に乗っていましたが、最近はレーザーに乗ることにより、多くのことを学んでいます。

そんな1回生470クルーの上村君と青木さんにレーザーでの練習について話を聞いてみます。

最近レーザーに乗り始めた感想は?
上村
ヨットに一人で乗る事でヨット部員としての
一歩を踏み出したと感じています!

青木
レーザーに乗って楽しくヨットについて学んでおります!

レーザーに乗って難しい事はなんですか?
上村
風に合わせた走り方をすることがまだまだ難しいですが、これからもいっぱいヨットに乗って克服したいです。

青木
ジャイブアングルをしっかり合わす事が難しかったです。なので今後は積極的に動作練習を行います!

これからの目標は何ですか?
上村 
好奇心を忘れずに練習し、先輩を超える活躍をレースでしたいと思います!

青木
たくさん練習をしてヨットについて勉強し、全国で活躍出来る選手になりたいと思います!

このように1回生達は、レーザーに乗ることを通してヨットについて沢山の事を学んでいます。
これからもチーム全体でレベルアップ出来るように、全員で力を合わせて頑張ります。

また本日は計測員として横山コーチ、赤尾さん、浦新さんに参加して頂きました。また、高永さん、赤尾さんにはヨットに乗りご指導頂きました。
そして、4回生杉浦のご父兄、高永さんより差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

"全日本"に向けての準備


4回生スナイプスキッパーの杉浦です。
本日の午前はAve.3m/s、Max.5m/s、風向は南西、午後はAve.5m/s、Max.8m/s、風向は南西でした。夏らしく気温の高い時期になり、水分を常に補給していないと熱中症などを引き起こしやすくなる様な気候でありました。

午前は、470チームは帆走練習の後、スナイプチームと共にスタート練習、上下ラウンディング練習を行い、スナイプチームはスタート練習、ラウンディング練習を行いました。


午後からは、スナイプチームの一部は帆走練習を行い、全日本学生ヨット女子選手権大会と全日本学生ヨット個人選手権大会に推薦された艇は、明日の計測に向けて整備・点検を行いました。私は計測員の資格を去年取りましたので、スパー類の計測数値ギリギリを狙って調整しました。

夏休みに入り470級からスナイプ級にコンバートし、約1ヶ月が経ちました。まだまだボートスピードを伸ばせると思いますので、セッティングや走らせ方を研究していきたいと思います。

私が長い間、課題にしているスタートに関しては、微速前進が出来ず止まってしまうことや、ライン把握が甘い為走り出しが遅れ、フルスピードでのスタートが切れないことなどがあり、とても安定しているとは言えない状態です。ただ、原因は理解しましたので次の練習では活かせるようにします。

関西学生ヨット選手権大会まであと25日、全日本学生ヨット選手権大会まであと31日となりました。ファミリーデイを終え、ヨット部の一員であるということ、ヨット競技の魅力を全員で再確認することが出来ました。新艇を迎えたり、遠征準備を進めることで、幹部中心に"全日本"と名のつく大会に向けて少しずつ体制を整えています。

最近、オンオフが切り替えることが出来る様になったと日々感じております。艇庫を大掃除する回数が増えたことで整理整頓する意識が高まり、団結力の高まりを見受けられます。新たな試みである週末の各学年10分ミーティングでも、時間内で収まらないほど部活に対しての話題が尽きません。ほぼ毎日を一緒に過ごす仲間達と、まずは関西完全優勝を果たします。

いつも現役を支援して下さる保護者の方々、ブログ等SNSを見ていただいたり、実際に艇庫に足を運んでくださる方々、応援して頂き本当にありがとうございます。
残り数える程の練習日数ですが、ここから伸びていくのが私達の代です。最後までご支援、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。
0 コメント

日々精進

4回生スナイプスキッパーの堤です。

本日、午前はAve.2m/s、Max.3m/s、午後はAve.6m/s、Max.10m/sの南西の風の中、練習を行いました。

本日、午前中は470チーム、スナイプチーム共に、大阪大学主催の銀杏カップに参加させて頂きました。参加艇数10艇程といった少ない艇数でありましたが、しっかり上位3番以内で安定させるという課題を立ててレースに挑みました。こういった少数艇数のレースではスタートがとても大切だと感じました。

午後は、スナイプチームは帆走練習とスタート込みのラウンディング練習を行い、470チームは帆走練習とレース練習を行いました。

帆走練習では、波が大きかった為、艇を止めないことを意識しました。後ろからの波が多かったので接水面なども意識して走らせました。スタート込みのラウンディング練習では全体的にかなりデンジャー把握が弱い為、そういったところを課題としてあげ、練習に取り組みました。



また、ラウンディングでは風が強かった為、ボートスピードに集中し、動作をしっかり行うことを意識しました。

8月17日、18日に開催される関西学生ヨット夏季選手権大会でもこれらのことを意識して、順位をシングルで安定させチームで優勝できるようにこれからも精進していこうと思います。
0 コメント

新艇の調整

4回生470スキッパーの菅原です。

本日、午前中はAve.3m/s、Max.4m/s、午後はAve.4m/s、Max.6m/sの南西の安定した風の中、470チームは帆走練習、スナイプチームは2チームに分かれて帆走練習と回航練習を行いました。

昨日から新艇、4718の海上での調整が始まりました。昨日は甲南の470チームが2艇しかいなかったこともあり、関西学院大学と関西大学の常にトップ艇団にいる艇と合同で帆走練習する機会があったことで、艇の調整がとてもスムーズにいきました。本日の午後の帆走練習では良い走りが出来たのではないかなと思います。


新しく使用しているスーパースパーのマストでは、スプレッダーを固定する場所が2つあり、その場所によって開き具合がかなり変わってしまうことでプリベンドが出過ぎてしまったり、逆に少なすぎてしまう事があります。そこを調整するためにマストステップを20mm下げました。若干感じるウェザーヘルムをこれからどう無くしていくのかに悩んでおります。

3日前から、両チームが午後着艇した後に1.2回生がレーザーにて出艇しております。そして、各チームリーダーがレスキュー艇やレーザーに乗り指導するという、新しい試みが始まりました。

着艇前に湾内で、かなり風がある中でも2回生が上手に楽しそうにレーザーに乗っている姿を見受け、下級生の成長を感じることが出来ました。
これからも、下級生が日々ヨットの楽しさを知って上達してくれることに期待しています。
0 コメント

夏季選手権に向けて

4回生スナイプスキッパーの桑原です。
本日、午前は風向250ー270度、Ave.2m/s、Max.3m/s、の南西の風の中、470チームは関西学院大学と合同で帆走練習を、スナイプチームは大阪大学と合同で帆走練習を行いました。

午後は、240ー260度、Ave.8m/s、Max.11m/sの南西の風の中、両クラスともにレース練習を行いましたが、赤旗が掲揚された為、1レースのみ実施し着艇しました。


夏季の練習が始まり数日が経過しました。猛暑が続き、かなり厳しい気候となってきております。リーダーとして周りをよく観察し、適度に休息を取らせ、水分を補給させることを意識しております。また、声掛けの徹底や、危険な兆候が見られる場合は着艇させるなど、まずは安全面を第一に練習に取り組んで参ります。

本日は午後に風が吹き上がり海上は荒れましたが、チームのメンバーが安全に速やかに着艇することが出来たので、このような意識を持つことを継続していきます。

そして、スナイプチームのチーム力を向上するために現在重点的に取り組んでいるのは、ボートスピードを仕上げることと、ボートハンドリングを鍛えることです。どちらも基本的な事ではありますが、ある程度技術が仕上がった今だからこそ練習するべきだと考えています。

レースの順位を安定させることが出来ないのは、長いフリートの中で止まってしまっている時間が多くある事が挙げられます。そのことに早く気付けないことで、他艇に遅れを取ってしまいます。最速のボートスピードを出すことによりスピード感覚を鍛え、自分が今遅いのか速いのかを察知することが出来るようになります。その後、ボートハンドリングを細かく行えると、止まっている時間を減らせると考えました。その2点を鍛えた後に、混戦時にも落ち着いて対応できるようにするために、経験を積みます。いつどんな時でも、冷静に客観視できる力を鍛えていきたいと思います。

まだまだ伸び代があります。まずは関西学生ヨット夏季選手権大会での目標達成までの道筋を見極めたいので、それまでは徹底的にペースアップに取り組んでまいります。

0 コメント

強風練習

4回生スナイプスキッパーの木下です。
本日はAve.7m/s 、Max.11m/sの東風でした。台風の影響もあり、西宮では珍しく陸風で白波がたつような強風でした。

470チーム、スナイプチームともに強風対策の為、艇数を絞ったうえで、回航練習や帆走練習を行いました。振れが多く、有利目やブロー対応の細かな判断による差が艇間で大きく出ていました。
私自身が気付いたことは、本日の風ではブローインのタイミングで横に回った風に対し、ティラーを少し突きメインを引くと、ヒールとともに加速するという感覚をいつもより多く感じました。

また、強風時の回航ではチームのほとんどがマークルームの攻め方に苦手意識があるように思えます。動画を見て上手な回航の振り返りをしておりますが、海での実践となると思い通りに艇が動かずに苦戦しております。


夏の練習は始まったばかりです。本日も猛暑であり熱中症や脱水症状などを引き起こしやすい気候となりました。また、夏休みは食費やオフバイト代、遠征費などの支出が多い為、少ないオフをバイトに費やすことにより疲労も溜まりやすくなります。対策を怠らず、部員全員安全第一で満足出来る結果を残すために精進して参ります。
0 コメント

ファミリーデイ開催!!

4回生スナイプクルーの大石です。

本日はファミリーデイを行いました。
猛暑の中、沢山の保護者様にご参加していただきました!ありがとうございました。

今回のファミリーデイの目標は、ヨット部の活動を知っていただくことで、さらなるご理解を得るというものでした。また、日々の感謝を伝える機会として新たな試みも行なっていたのですが、いかがでしたでしょうか。

3回生が主体となり準備を進めたこのファミリーデイは、何度もミーティングを重ね、前日まで念入りに流れを確認していました。その為、本日は滞りなく進行し、大成功でした。

午前中は、KYCで部活動についてのプレゼンを行いました。ヨットの原理、マネージャーの役割、安全面、費用についてとても簡潔にまとめられていて分かりやすかったです。昼食中に流れた現役紹介PVは一人一人の個性がよく表されており面白かったです。

午後はAve.5m/sの南西の風の中、試乗会を行いました。今年はヨットに乗りたいという保護者の方が少なく、1人に対しヨットに乗る時間が多く取れたので、よりヨットの仕組みをご理解いただけたのではないかと思います。風が強かったため、疾走感やスナイプの醍醐味であるハイクアウトを存分に体験していただけたのではないでしょうか。皆様海水をたくさん浴びてしまいましたが、楽しそうにヨットに乗ってくださる姿を伺えて私も嬉しい限りでした。

最後になりましたが、本日は舟元会長に善蔵丸Ⅲ世に乗せていただきました。また、西村顧問、村尾ヘッドコーチに艇庫に足を運んでいただき、大辻監督にはレスキュー艇に乗って頂きました。そして、4回生村松、桑原、菅原、森、大石、杉浦、堤、吉田、3回生菊田、高田、2回生宇仁、尾畑、原田、1回生則木のご父兄より差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

テスト明け最初の練習

4回生スナイプクルーの上原です。

本日はAve.3m/s、Max.4m/sの南西の風でした。

午前中、470級は帆走練習と回航練習を行いました。
スナイプ級は動作練習と帆走練習を行いました。

テスト期間の長期オフが終了してから、最初の練習というとても重要な日でした。

動作練習では動作後の最高速度になるまでの時間をできるだけ短くし、風速の変化に合わせたヒールトリムを意識しました。

帆走練習では、スタート直後の状況を考えながら上の艇と下の艇とで戦い方の使い分けを学びました。また、風速差が激しい海面であったため、ボートスピードの維持の重要性を再確認しました。
どのような練習でも、様々なレースの場面を意識することで練習の効果を上げることができ、その意識を常に持ちながら練習することが最も重要だと思います。

午後からは、明日のファミリーデイの準備をしました。
親御さんに日々の感謝を伝え、とても有意義な時間にするために、どのような目的でファミリーデイを行なっているのかを部員全員で確認し、明日のタイムスケジュールと役割についても話し合いました。

沢山の親御さんに楽しんでいただき、ヨット部の活動内容をもっと知っていただけるよう、明日は現役一同頑張ります!
0 コメント

オフ期間前最終日

2回生スナイプスキッパーの村上です。
本日は午前中にミーティングを行い、午後から艇庫の清掃とセールや艇のチェックを行いました。

明日からオフ期間に入るということで、各学年ごとに今のチームの現状や足りていないと感じる点について話し合いました。

私たち2回生の意見として出たことは、まずヨットの知識や技術面ではまだまだ学ぶべき事が多くあるということです。その点に関してもっと先輩方やOB、OGの方々に積極的に質問しに行くべきだと考えました。
また、このメンバー全員で戦っていくというチーム意識も足りていないと思いました。

チーム全体として考えた時に、1回生へのサポートや下級生のレギュラーを取るという意識が少ないと感じました。さらに、情報共有が足りていないという意見もあがりました。これに関しては、今回のミーティングだけでなく毎回出てくる問題点であり、中々改善されていません。上回生だけで共有してしまっていることが多くありますので、誰かが理解してないという状況が無くなるように全体での情報共有を下級生から上級生にもっと働きかけていきます。

また、午後からの清掃では普段行う朝の清掃時間だけでは出来ない部分を重点的に行いました。今回清掃を行ったことにより、艇庫がとても綺麗になりました。今まで清掃後の整理された状態はいつも1週間ほどするとまた元に戻ってしまっているので、艇庫を清潔に保つことを継続していきます。

来週からはテスト期間でオフに入りますので、ヨットに乗る機会が少なくなります。しかし、練習が無くても出来ることを行い、チーム全体のレベルを上げていくことが出来る様に頑張ります。
0 コメント

夏休み前最後の練習

2回生マネージャーの清水です。

本日はAve.1.5m/s、Max.2m/sの南西の風の中、470チーム、スナイプチーム共に帆走練習、レース練習を行いました。

午前中は、出艇して1時間程帆走練習を行った後にレース練習を行う予定でありましたが、風が弱くレース練習が出来ない状態でしたので、一度着艇しました。

その際に、本番のレースの途中で風が落ちS旗が掲揚された場合等、このような風でもレースを行うことがあるとOBの方よりお話して頂きました。
そのことを踏まえ、風が弱い時にしっかり集中を切らさずに練習出来るかということが大切だと教わりました。
自然は操ることは出来ないので、その時に吹いている風を無駄にせず、集中して練習を行ってくれればと思います。
マネージャー一同もプレイヤーが練習に集中出来るよう、サポート体制にどんどん磨きをかけていきます。


本日は非常に沢山のOB・OGの方に来ていただきました。卒業した先輩方に部活のことを気にかけて足を運んでいただけることに感謝しています。
部活のことを気にかけて下さっている方々に、甲南大学体育会ヨット部の情報を知っていただける様にどんどん情報を発信していきますので、これからもご声援の程よろしくお願い致します。

最後になりましたが、本日は大辻監督、羽室さん、徳永さんにレスキュー艇よりご指導して頂きました。また、山口さん、坂元さん、民輪さん、高永さん、染谷さん、津嶋さん、岡畑さん、石田さん、穴迫さんにヨットに乗って頂きました。また、村尾ヘッドコーチ、横山コーチ、交河さんに艇庫に足を運んでいただきました。
また、民輪さん、交河さん、石田さん、穴迫さんより差し入れを戴きました。
ありがとうございました。
0 コメント

夏へ向けて

更新が遅くなり申し訳ありません。

2回生470クルーの原田です。
昨日午前中はAve.1m/s 、Max.1.3m/sの南西の微風の中、470チームは帆走練習と動作練習を行い、スナイプチームは帆走練習と動作練習を行いました。 


午後は、Ave.3m/s、Max.6m/sの南西の風の中、470チームは、トライアングルの回航練習と、帆走練習を行い、スナイプチームは上下回航練習と動作練習を行いました。



レースシーズンを終え、これまでに比べて安定して出来るようになったことが増えてきたと感じながらも、次の段階へ向けて新たな課題を見つけることが出来たと思います。

ブローだけでなく波に対する反応や、より繊細なヒール、スピンのトリムなど、艇が減速せず走ることが出来るようにするにはどうするべきなのかを考え、試しながら練習に取り組むことが出来ました。

また、自分の動作だけでなく風の変化に合わせてセールの形など、セッティングもこまめに変えることが大切であると気づくことが出来ました。
一瞬一瞬のあらゆるコンディションにおいて、どうすれば一番速く走らせることが出来るのかを考え、対応していけるようこれからもより一層集中して取り組んでいきたいと思います。

来週からテスト期間、そして夏の練習が始まります。夏休みでの練習に向けてしっかり課題をはっきりさせられるようにしておきたいと思います。

いつも以上に練習時間が確保できることに甘えず、一日一日充実させ、日々成長出来るよう練習に励みます。
0 コメント

レース期を終えて

更新が遅くなり、申し訳ございません。

2回生スナイプスキッパーの蟬川です。 
昨日午前中はAve.2m/s 、Max.3m/sの南西の風の中、470チームは帆走、回航、スタート練習を行い、スナイプチームはトライアングルの回航練習を行いました。 

午後は、Ave.4m/s、Max.5m/sの南西の風の中、470チームは、整備行い、スナイプチームは帆走練習を行いました。 

レース期を終えて、多くの課題を見つけることが出来ました。私はオーバーパワーになった時のクローズのボートスピードが特に悪く、1番潰すべき課題であると思いました。メインを引けるタイミングで引けてなかったり、ブローが入った時の対処がワンテンポ遅く、ボートスピードに変えることが全然出来ていませんでした。

先日行われた、関西学生女子ヨット選手権大会のオープンレガッタでは堤先輩に一緒に乗り、オーバーパワーになった時の走らせ方やテクニックを教えて頂きました。昨日の風もオーバーパワーでしたが、その時学んだことを意識して帆走練習を行いました。セールシェイプはある程度作れていたので、あとは走らせ方をもっと詰めていければボートスピードを上げることが出来ると思います。

また、ランニング時では波の乗せ方が苦手だと思いました。波に乗せる時のパンピングのタイミングが、全然分かっていないと感じました。自分の動きを波に合わせれるように、練習していきます。

今まで使用していなかったのですが、初めてトップ風見を使用しました。いつもと違うと思ったところは、サイド風見と違いトップについているため周囲の影響をあまり受けません。そのことにより、普段より風の振れにより敏感に対応することが出来ました。可視化し、出来るだけ正確な情報を得ることが大切だと思いました。

今後の練習でボートスピードを極められるように励んで行きたいと思います。

最後になりましたが、昨日は藤井先輩よりレスキュー艇の備品を戴きました。ありがとうございました。

0 コメント

三大学定期戦を終えて

更新が遅くなり申し訳ありません。

二回生470スキッパーの岸田です。

昨日は学習院大学、成蹊大学と共に実業団レースに参加し、三大学定期戦を行いました。

午前中は予報通りAve.2m/s 、Max4m/sの北風の中、470級は2レース、スナイプ級は1レース行われました。

午後はシーブリーズが入り、Ave.2m/s、Max.3m/s程の南風に変わりました。470級は1レース、スナイプ級は2レース行い、無事両クラス3レース実施することができました。
午前と同様、細かいシフトがあり難しい海面となりました。

普段吹いている北風とは少し違い、かなりシフトが激しい海面でした。実際に自艇だけでなく参加している他艇も苦戦している様子が伺えました。

北風のレースでは特にコースと風の変化への対応が重要だと考えており、コースはクルーに任せ、私はボートスピードに集中するよう意識しました。
しかし、まだ荒いところが多いと感じており、これから練習していく上での大きな課題を見つけることができました。

これからの練習でより安定したボートスピードを出すことが出来る様に意識して取り組みたいと思います。

また、レース後に三大学でレセプションを行いました。レセプションは楽しく盛り上がりました。交流を深めることが出来て良かったです。

昨日は舟元会長に善蔵丸Ⅲ世に乗せていただき、村尾ヘッドコーチにレスキュー艇よりご指導していただきました。また、三大学定期戦にも参加していただきました。ありがとうございました。

最後になりましたが、昨日は民輪さんから差し入れを戴ました。
ありがとうございました。
0 コメント

三大学定期戦 成績

関西実業団レース兼三大学定期戦
定期戦成績

470級(全15艇)
1位 甲南大学 (村松 白坂組) 7pt
2位 甲南大学 (岸田 龍野組) 9pt
3位 甲南大学 (菅原 森組) 22pt
4位 学習院大学 (宮本 宮内組) 23pt
5位 学習院大学 (高橋 藤野組) 28pt
6位 学習院大学 (岸 松田組) 38pt

スナイプ級 (全23艇)
1位 学習院大学 (高橋 市島組) 12pt
2位 甲南大学 (桑原 𠮷田組) 17pt
3位 学習院大学 (鳥海 饗場組) 17pt
4位 甲南大学 (堤 大石組) 25pt
5位 成蹊大学 (渡辺 鈴木組) 26pt
6位 成蹊大学 (市位 村上組) 42pt
7位 成蹊大学 (岡村 木田組) 43pt
8位 学習院大学 (久保田 唐沢組) 49pt
9位 甲南大学 (徳永 吉岡組) 53pt

団体総合
1位 甲南 133pt
2位 学習院 167pt
3位 成蹊大学 261pt(470級はDNC16ptとして計算)

得点は関西実業団レースのポイントで計算しております。
0 コメント

三大学定期戦

2回生マネージャーの佐野です。
本日は、学習院大学と成蹊大学との合同練習を行いました。
午前中は、3大学でフィッティングを行い、午後はAve.8m/s、Max.10m/sの風の中470チーム、スナイプチーム共に、帆走練習を行いました。

本日、私はレスキュー艇に同期の学習院大学のマネージャーの方と成蹊大学のマネージャーの方と一緒に乗りました。他大学のマネージャーの方とレスキュー艇に乗る機会はあまりないので、貴重な経験となりました。
吸収出来る所は吸収し、自分達に活かしていけるようにします。

明日は、私にとって初めての3大学定期戦となります。レスキュー艇で出艇することは出来ませんが、丘での先輩達の動きをしっかり見て、自分達が幹部の時に役立てることが出来るようにします。

また、先週でレース期が終わりました。たくさん運営を行い、レスキュー艇にも乗らせて頂くことが出来ました。多くのことを学び、良い経験することが出来ました。

これからは、通常練習の日々に戻ります。効率よくプレイヤーが練習に取り組めるようにサーポートを行い、目標である「関西優勝・全日本入賞」のため、少しでも力になれるように努めていきます。

そして、最近は気温が高くなってきています。レスキュー艇からの気配りを忘れず、部員全員が体調管理をしっかり行い、熱中症に気をつけて練習に取り組んでいきます。
0 コメント

女子イン予選を終えて

更新が遅くなり申し訳ありません。
2回生スナイプスキッパーの尾畑です。
昨日は、午前Ave.5m/s、Max.6m/sの北東の風の中、470チームスナイプチーム共に動作練習と回航練習を行いました。

私自身は、スキッパーを始めて約1ヶ月が経ちました。目標としていた関西学生女子ヨット選手権大会で全日本学生女子ヨット選手権大会の出場権利を得るということを達成することは出来ましたが、どの大学のスキッパーよりも技術が劣っていると毎レースごとに痛感してとても悔しかったです。

全日本学生女子ヨット選手権大会まで短期間でレベルアップするためには、上手いスキッパーと自分の走らせ方の違い、違和感を感じたら他艇と比べてその場で疑問を解決するなどしてヨットに乗っていかなければならないと感じました。陸上でも1回生と一緒に動作の詰めの甘さを埋めるためにシミュレーションをしていきます。

昨日の動作練習では、ただ毎回同じように形式的な動作をしているだけでは決して上達しないと思いました。1回1回のタック、ジャイブの風や波のコンディションは異なるので、それに敏感に反応するということをしていきます。

午後は明日から始まる学習院大学との定期戦のために両クラス共に整備チェックを行いました。学習院大学と成蹊大学を招く側として、心地良く思っていただけるように環境作りや振る舞いにいつも以上に気をかけていきたいと思います。
0 コメント

関西学生女子ヨット選手権大会2日目

2回生スナイプクルーの宇仁です。
本日は、Ave.8m/s、Max.10m/sの南西の風のなか関西学生女子ヨット選手権大会の2日目が開催されました。しかし、天候が悪く朝から陸待機をした後、NA旗が掲揚され、本日のレースは行われませんでした。

470チームから2艇、スナイプチームからは2艇、全日本学生ヨット女子選手権大会に推薦されました。

今大会で全日本学生女子ヨット選手権大会へ推薦された中に、同期の尾畑がスキッパーを初めて間もないですが推薦されました。
身近で努力している姿を見ていたので、結果に繋がったことをとても嬉しく思います。その活躍を見て私自身も、チームの力となれるよう精進して行きたいと思いました。

そして、もうすぐヨット部に入部して2回目の夏休みが始まります。長期休みは練習時間をたくさん確保出来るため、大きく成長することの出来る大切な期間です。
先輩方からたくさんのことを学び、良い経験が出来るように1日1日大事にしていきます。

また、ハーバーが1日赤旗を掲揚されていたため、レース委員会がNA旗を掲揚した後、来週行われる学習院定期戦に向け整備の再確認を行いました。

本日は、秋山コーチに艇庫に足を運んでいただき、間下さん、上さんには運営艇に乗って頂きました。
ありがとうございました。
0 コメント

関西学生女子ヨット選手権大会 2日目

最終成績

470級 (全36艇)
1位 甲南大学 (菅原・増田組) 10pt
2位 甲南大学 (村松・森組) 16pt
3位 関西学院大学 (池淵・中岡組) 21pt
4位 甲南大学 (杉浦・岩階組) 33.3pt
5位 甲南大学 (岸田・龍野組) 35pt
6位 関西学院大学 (森重・仲倉組) 38pt

11位 菊田・井上組 61pt
33位 秋元・原田組 122pt

スナイプ級(全33艇)
1位 大阪大学(飯島・木田組) 8pt
2位 大阪大学 (佐藤・阿部組) 22pt
3位 大阪府立大学 (中川・塚本組) 31pt
4位 大阪大学 (瀬川・堤組)35pt
5位 神戸大学 (宵・山田組)36pt
6位 神戸大学 (増尾・下村組)38pt

13位 蟬川・堤組 54pt

15位 桑原・宇仁・上原組 59pt

18位 村上・山口組 67pt

19位 木下・大石組 69pt

28位 尾畑・𠮷田・岩崎組 104pt


女子最終成績

470級(全11艇)
1位 甲南大学 (村松・森組) 8pt
2位 関西学院大学 (池淵・中岡組) 10pt
3位 甲南大学 (杉浦・岩階組) 13.3pt
4位 関西学院大学 (森重・仲倉組) 15pt
5位 神戸大学 (中井・山本組) 21pt
6位 関西学院大学 (藤尾・伊東組) 25pt

スナイプ級 (全8艇)
1位 関西学院大学 (石川・尾井組) 8pt
2位 関西大学 (田代・児玉組) 9pt
3位 関西学院大学 (伊藤・石田・俵組) 10pt
4位 和歌山大学 (亀井・川崎組) 17pt
5位 甲南大学 (木下・大石組) 18pt
6位 近畿大学 (笹脇・村上組) 23pt

7位 尾畑・𠮷田・岩﨑28pt

今大会は4レースを実施して終了致しました。
ご声援の程ありがとうございました。

また、9月20日から愛知県蒲郡市(海陽ヨットハーバー)にて開催される、全日本学生女子ヨット選手権大会に470級からは村松・森組、杉浦・岩階組が、スナイプ級からは木下・大石組、尾畑・𠮷田・岩崎組が出場します。
ご声援の程よろしくお願いいたします。

0 コメント

関西学生女子ヨット選手権大会1日目

2回生470クルーの井上です。
本日はAve.3m/s、Max.6m/sの南西の風のなか関西学生女子ヨット選手権大会が開催され、4レースが実施されました。

結果としては、両クラスとも納得のいく結果を出せた艇も出せなかった艇もありましたが、まだ明日のレースもあるので、今日出た反省点や出来たところをしっかり考え、話し合い、明日のレースに活かしていきます。

また、2回生の女子スキッパーの2人が、女子イン予選に参加しました。まだまだスキッパーとしてヨットに乗る回数は少ないなかでも、良い姿勢でレースに取り組んでいだと思います。

自分自身の目標としては、レース中の自分の行動や発言を良い意味で結果に影響させる、というものがありました。先輩のスキッパーと乗るとボートスピード面やコース面などを任せてしまいがちではありますが、周りをよく見ることによって、周りの状況で気づいたこと、考えを伝えること、一つ一つの動作を集中してやることなどを意識し、2人で走らせているという意識を持とうと頑張りました。

しかし、出来たこともありましたが、まだまだと感じることの方が多くありました。クローズでブローを見て判断すること、追手のスピントリムなど、練習や経験が必要な課題も多く見つかりました。出来ないということで消極的にならないように、前向きに取り組んで行きます。

 明日は天候も悪く、風も強い予報なので、しっかり準備をして、レースに臨みたいと思います。

本日は、大辻監督、村尾ヘッドコーチにレスキュー艇よりご指導頂きました。また、間下さん、善本さんに運営艇に乗って頂きました。
ありがとうございました。
0 コメント

関西学生女子ヨット選手権大会

‪女子イン予選⛵️‬

‪1日目暫定成績‬

‪470級 (全36艇)‬
‪1位 甲南 (菅原・増田組) 10pt‬
‪2位 甲南 (村松・森組) 16pt‬
‪3位 KG (池淵・中岡組) 21pt‬
‪4位 甲南 (杉浦・岩階組) 33.3pt‬
‪5位 甲南 (岸田・龍野組) 35pt‬
‪6位 KG (森重・仲倉組) 38pt‬

‪11位 菊田・井上組 61pt‬
‪33位 秋元・原田組 122pt‬


スナイプ級(全33艇)
1位 大阪(飯島・木田組) 8pt
2位 大阪(佐藤・阿部組) 22pt
3位 府大(中川・塚本組) 31pt
4位 大阪(瀬川・堤組)35pt
5位 神戸(宵・山田組)36pt
6位 神戸(増尾・下村組)38pt

19位 木下・大石組 69pt
28位 尾畑・𠮷田・岩崎組 104pt



女子1日目暫定成績

470級(全11艇)
1位 甲南(村松・森組) 8pt
2位 KG (池淵・中岡組) 10pt
3位 甲南(杉浦・岩階組) 13.3pt
4位 KG (森重・仲倉組) 15pt
5位 神戸(中井・山本組) 21pt
6位 KG(藤尾・伊東組) 25pt


スナイプ級 (全8艇)
1位 KG 石川・尾井組 8pt
2位 関大 田代・児玉組) 9pt
3位 KG (伊藤・石田・俵組) 10pt
4位 和歌山 (亀井・川崎組) 17pt
5位 甲南 (木下・大石組) 18pt
6位 近畿 (笹脇・村上組) 23pt

7位 尾畑・𠮷田・岩﨑28pt



本日は4レースを実施終了いたしました。
明日も引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。


0 コメント

関西学生女子ヨット選手権大会


本日の配艇をお知らせします。


470級(全36艇)

7 4497 村松

8 4428 杉浦 岩階

9 3828 秋元 原田


28 4644 菅原 増田

29 4409 岸田 龍野

30 4240 菊田 井上 



スナイプ級(全33艇)

6 30235 木下 大石

7 30722 尾畑 𠮷田 岩﨑


28 31517 桑原 宇仁 上原

29 30987 村上 山口

30 30969 蟬川 堤


本日は4レース実施する予定です。

ご声援、よろしくお願いいたします!



0 コメント