Blog


強風での課題

3回生470クルーの岩階です。
本日は西風Ave.7m/s、Max.9m/sのなか関西選手権大会2日目でした。昨日は低気圧のためレースが実施されず、本日の3レースのみとなりました。

私自身、今回のレースで出た課題としては強風でのランニングの艇のバランスやフリーでのスピントリムがまだまだだと痛感しました。艇が揺れてバランスが不安定で他艇に抜かれることはなかったですが、前の艇になかなか差を縮めることができませんでした。これはスキッパー、クルーのボディバランスやクルーのスピントリムが影響しているので、2人で話し合い改善していきます。

秋山コーチが仰っていましたがピンダウンし、さらにオーバーパワーの時にはフォアのテンションを通常では25ですが、波のある海面ではテンションを抜いて20までおとすことができ、アンダーパワーの時にはテンションを引くといったようにレーキコントロールをしないといけないと思いました。ピンの選択では妥当な判断が出来てきたと思いますがそれ以上のテンション、レーキをコントロールできるようにしていきます。

6月は来週、個戦予選と再来週、女子イン予選とレースが続くので気を抜かずに、冬の練習や6月までの練習を無駄にしないように、全力で取り組んで行きたいと思います。ご声援のほど宜しくお願い致します。

本日村尾ヘッドコーチ、上さん、善本さん、染谷さん、津嶋さんに艇庫に足を運んでいただき、秋山コーチ、岡畑さんにはヨットに乗りレースに参加して頂きました。ありがとうございました。

最後なりましたが、4回生森貴映さん、4回生吉田さんのご父兄より差し入れを戴きました。ありがとうございました。
2 コメント

関西選手権大会 最終成績

470級(全44艇)

1位 関西学院大学(上野・木下組) 3pt

2位 甲南大学(菅原・増田) 9pt

3位 関西学院大学(池淵・大野組) 11pt

4位 ヤマハ発動機、みずほ銀行(神木・俟江組) 16pt

5位 神戸大学(野口・尾上組) 19pt

6位 関西学院大学(石川・室谷組) 21pt


7位 岸田・龍野組 30pt

10位 村松・白坂組 38pt

14位 秋山コーチ・原田組 44pt

17位 杉浦・岩階組 59pt

18位 菊田・森組 61pt

36位 秋元・岡畑組 116pt


スナイプ級(全45艇)

1位 ピアソンマリンジャパン(舟木・浜田組) 7pt

2位 関西学院大学OB、関西学院大学(山本・曽我部組) 13pt

3位 大阪大学、大阪大学OB(飯島・親川組) 15pt

4位 神戸大学(宵・下村組) 18pt

5位 甲南大学(桑原・吉田組) 27pt

6位 大阪大学(瀬川・堤組) 28pt


12位 堤・吉岡組 42pt

15位 木下・大石組 48pt

16位 徳永・上原組 50pt

21位 山口・宇仁組 61pt

25位 蟬川・村上組 75pt

37位 尾畑・岩崎組 119pt



本大会は3Rを実施し、終了いたしました。

ご声援のほどありがとうございました。


全日本470選手権大会は、1120日〜24日に葉山ヨットハーバーにて開催され、全日本スナイプ選手権大会は、1016日〜20日に海陽ヨットハーバー(蒲郡)にて開催されます。

出場選手は確定しておりませんが、出場の際はご声援を頂けますと幸いです!

よろしくお願い致します。

0 コメント

関西選手権大会 2日目

本日の配艇をお知らせいたします。

470級 (全44艇)
   5 4428 杉浦・岩階組 (470女子)
   7  4138 秋山コーチ・原田組
  28 4409 岸田・龍野組
  29 4497 村松・白坂組
  30 3828 秋元・岡畑さん組
  31 4240 菊田・森組
  32 4644 菅原・増田組

スナイプ級 (全45艇)
  27 30722 尾畑・岩﨑組
  28 30234 蟬川・村上組
  29 30235 木下・大石組
  30 30781 徳永・上原組
  31 30969 堤・吉岡組
  32 30987 山口・宇仁組
  33 31517 桑原・吉田組

本日も引き続きご声援の程よろしくお願い致します!

0 コメント

集中を保つ

3回生マネージャーの高田です。

本日は関西選手権大会の1日目でした。
しかし、発達しながら通過している低気圧の影響により10m/sを超える強風が続き、変則的なゲリラ豪雨が予想されたため、本日のレースは中止となりました。


朝のブリーフィング後、14時30分まで約5時間ほどの待機時間があった後レース委員会によりAPAの掲揚が連絡されましたが、これからのレースシーズンにおいて このように待機時間の長くなる日は珍しいことではないと思います。

待機する時間が長くなるほど、集中した気持ちを保つことは難しくなるかもしれません。
しかし、時間を有効に活用しレースへと気持ちを高めることや、また落ち着かすことが出来るような雰囲気作りをチームでしていきます。

明日も吹き戻しの強風が予想されていますが、安全を第一にマネージャー 一同万全のサポート体制で臨みたいと思います。
引き続き、ご声援の程よろしくお願い致します。

最後になりましたが、本日は津嶋さんより差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

関西選手権大会1日目

関西選手権大会 1日目

14:30 APA掲揚
強風の為本日のレースは延期となりました。

明日も強風予報ですが、応援よろしくお願いいたします!
0 コメント

関西選手権大会

本日の配艇をお知らせします。

470級
4644 菅原・増田組
4497 村松・白坂組
4428 杉浦・岩階組
4409 岸田・龍野組
4240 菊田・森組
3828 秋元・岡畑さん組

スナイプ級

31517 桑原・𠮷田組

30987 山口・宇仁組

30969 堤・吉岡組

30781 徳永 ・上原組

30722 尾畑・岩崎組

30235 木下・大石組

30234 蟬川・村上組


ご声援の程よろしくお願い致します。


0 コメント

レース期に向けて

3回生スナイプクルーの岩﨑です。
本日は午前中、Ave.3m/s、Max.4m/sの北東の風の中、470チームスナイプチーム共に帆走練習を行いました。

スナイプチームは、ミーティングで練習のための練習ではなく、各艇が常にレースを意識した練習を行うことを話し合いました。最近の帆走練習では、各艇がしっかり目標を持って練習をすることが出来ていると思います。レースで焦らないよう、これからも徹底して意識していきたいと思います。

また、2艇ずつに分かれ逆海面を走り、決められた時間に同時にタックしてどちらが伸びたかを図るセパレートの練習も行いました。これは、どちらの海面が伸びるかを予測するだけでなく、逆艇団の有利不利を見極める練習にもなりました。まだまだツメが甘いので更に追求していきます。

午後はAve.4m/s、Max.6m/sの南東の風中、470チームスナイプチーム共に帆走練習を行いました。

明日から、まだまだ先だと思っていたレース期間に入ります。私は初めて後輩のスキッパーと出場します。今まで先輩に頼ってきていた為、自分が引っ張らないといけないことに不安もありますが、少しでも前を走れるように、スキッパーと協力しながら頑張ります。

最後になりましたが、本日は3回生高田のご父兄より差し入れを戴きました。ありがとうございました。
2 コメント

意味のある練習作り

更新が遅くなり申し訳ございません。

4回生470クルーの森です。

本日は、午前Ave.3m/s、Max.4m/sの東風、午後Ave.3m/s、Max.5m/sの南西の風の中、470チームは帆走練習とコース練習、スナイプチームはスタート練習とレース練習を行いました。

470チームは一昨日の練習後、全艇のチューニングを見直したので、走りを確認するために午前は帆走のみを行いました。海上でも全艇で話し合って細かくセッティングを変えていくことでより質のいい時間を過ごせたと思います。

また、午後はクルーのコース力を高めるために長めのコース練習をしました。これはコースに関してスキッパーは口出しせずボートスピードに集中し、クルーが決断するという練習です。どういう状況で何を考えてどんな行動をとったかをそれぞれが持ち帰り、着艇後のミーティングでフィードバックを行いました。

私は菊田と乗り、ブローに確実に入り、かつ振れによるヘッダーのロスを最小限に抑えられる位置でタックを決めることを意識しました。艇数が少ないため混戦を作ることは出来ませんが、対自然だけでなく、ミートする艇をどうカバーするとアプローチで有利になるかなど対他艇についてもよく考えられたことがいい順位を取れた要因だと思います。

これからレースが続きますが、レースではしっかりスキッパーと話し合いお互いが理解を深めていけるように考えていきます。

最後になりましたが、昨日は村尾ヘッドコーチにレスキュー艇からご指導頂き、染谷さん、津嶋さん、岡畑さんにはヨットに乗ってご指導頂きました。
ありがとうございました。
0 コメント

北風練習

4回生スナイプクルーの吉田です。

本日はAve.5m/s、Max.8m/sの西風から北風に変化するブロー差の激しい風の中、スナイプチーム470チーム共にレース練習、帆走練習を行いました。レース練習では実業団の方々のレース練習に参加させて頂きました。

レース練習では、1レース目でサイドジャイブ後の位置取りが課題となりました。ランチャーを張ったままジャイブをするのか、一度ランチャーを下ろしてジャイブを行い、上ってからまたランチャーを上げるのかの判断が甘く、内側に入られてしまう場面がありました。その場での急な状況判断を練習から心がけることが重要だと改めて感じました。

またフリーの場面でのバングトリムやガイバックの程度などもっと突き詰めていける部分が多くあるように感じました。スナイプではバングトリムはクルーが担っているため、チームでも特にクルーがトリムについて今以上に敏感になるような意識づけをしていきます。


来週からは関西選手権が始まります。個人の全国出場枠を懸けた戦いではありますが、しっかりとチームを意識した、3艇がまとまった順位で帰ってこれるよう情報共有などを心掛けていきたいです。

レースが続くため、明日は1日かけて練習できる最後の貴重な時間です。ただ練習するだけでなく、常に本番を想定した行動をしていきたいと思います。

最後になりましたが、本日は大辻監督にヨットとレスキュー艇からご指導頂き、楠瀬さんにヨットからのご指導頂きました。また、2回生蟬川のご父兄より差し入れを戴ました。
ありがとうございました。

0 コメント

関西選手権に向けて

更新が遅くなり、申し訳ございません。

4回生スナイプスキッパーの山口です。

昨日は1日にわたって北から南西に回るAve.2m/s、Max.4m/sの風の中470チーム、スナイプチーム共に帆走練習とスタート練習を行いました。

昨日は関西選手権に向けて、初めて2018年に購入したノースセイルを使いました。これまで使っていたオリンピックセイルに比べると、オリンピックセイルは大きい印象でしたが、ノースセイルはセイルカーブが深く、立体的だと感じました。
昨日の走りは、クローズホールドのアングルが悪いと感じたので、残りの練習で修正していきます。

私は微風での帆走練習の場合、クローズに比べて、ランニングで遅れることの方が多く、課題に感じていました。しかし、フラットからヒール目で走らせていたのをアンヒールでジブシートを片手にブローを感じる走らせ方に変えたところ、改善されました。まだ我流なので、アドバイスを頂くことで発展させていきたいと思っております。

スタート練習では、風が弱く、動きだしが上手く出来なかった為、トップスピードでスタートをきることが課題だと感じました。
また風が弱い時にスタートまでの逆算とライン把握が出来れば、どの様な状況でも対応出来ると思うので練習していきます。

6月に入り、残りの時間も少なくなってきました。来週の練習が終わるとレースが続くので、レースの中でも成長出来るようにボートスピードや回航を詰めていきます。

最後になりましたが、昨日は大辻監督、村尾ヘッドコーチにレスキュー艇からご指導頂き、村松さん、楠瀬さんにはヨットとレスキュー艇からご指導頂きました。ありがとうございました。
0 コメント

レース期に突入して

4回生スナイプクルーの吉岡です。

本日はAve.3.5m/s、Max.5m/sの南西の風なか、470チームは帆走練習、回航練習、スタート練習、レース練習、スナイプチームは帆走練習、スタート練習、レース練習を行いました。

帆走練習では2艇ずつにセパレートしどちらの風が有利なのか、2艇でのボートスピードを確認しました。西宮の傾向では午前中左が伸びます。しかし、本日はいつも以上に潮が強く、ポート側は押され潮、スターボード側は追い潮だったので、ブローは右にありましたが左が勝つ方が多かったです。

レース練習ではロングとセオリーを意識してコースを引きました。私は癖でブローを優先する時が多く本日もそうしてしまう場面がありました。このような悪い癖は無くします。

ランニングではコントロールシート、ジブトリム、ヒールトリムを意識しました。ローリングしないようにする、風が入ればテンション、ジブタックをとばしガイバックをする。バングを入れリーチをかたくする。以上の様な、当たり前ですがレースになると出来てない事が多いのでこれからも無意識でも出来るようにします。
バング、風が抜けるなどは、スキッパーの方が分かる事が多いのでコミュニケーションをもっと取るようにします。

6月は関西選手権、関西個人選手権、関西女子予選と全国のかかったレースが続きます。全国に行けるように頑張って行きますので、応援のほどよろしくお願い致します。

最後になりましたが、本日は、大野さんに来ていただき、GPSを使った新西宮ヨットハーバーの潮汐調査をしてくださいました。ありがとうございました。
0 コメント

ヨットにこだわる

4回生マネージャーの森です。

 本日、午前はAve.1m/sの北東の風、午後はAve.2.5m/s、Max.4m/sの西風の中 470チーム、スナイプチーム 午前午後共に帆走練習を行いました。
1回生が入部し3週間ほど経過しました。
練習中、陸では上回生マネージャーが1回生講座やシートワークを行なっています。
また、今日は470、スナイプの動作シミュレーションをしました。
シミュレーションは上回生の中でも2回生に中心となって教えてもらっています。
1回生は慣れない動作ですが回数をこなし練習し、2回生は人に教えることで自身の知識を高めることを目的としています。

着艇後は安達さんに艇庫へお越し頂き、事前に考えていた質問より、セールの正しい保存方法やヨットセーラーとしての信頼関係や心構えを教えて頂きました。その中で、より広い視野でヨットへこだわる姿勢を学び、また安全に対する意識も再確認することができました。
お忙しい中お時間を頂き本当にありがとうございました。
5月よりレースシーズンに入り、再来週からは4週連続レースが続きます。
練習に特化できる時間は少なくなりますが、レースで練習ができる 実践的環境の中でたくさんの知識と技術を得て、目標を達成できるよう頑張ります。
0 コメント

より速く

4回生470スキッパーの村松です。

本日は、Ave.2.3m/s、Max.5m/s、風向は南西のブロー差のある風でした。

本日は、470チーム、スナイプチーム共に帆走練習、レース練習を行いました。西宮ではブロー差のある状況がよく見られます。チーム全体の課題として風の強弱への対応が遅く、よりボートスピードを向上させることが挙げられています。常にその風に合った最速のボートスピードを求める為、最近は帆走練習を多く取り入れています。

470チームではサイドジャイブの練習やラダーレスでランニングを走り、スピンのトリムとヘルムの影響やスピントリムへの繊細さの必要性などを再確認することができました。普段、ティラーで安定させてしまっている分、ラダーレスで練習を行うことで、いかに抵抗が生じているかを見直すことが出来ました。
このように、普段の練習で当たり前となってしまっており、減速の要因となっているものを実感することでよりボートスピードの向上に繋がると考えています。最高速度を出すことももちろん大切ですが、いかに抵抗を減らし減速するものを減らすかということを再度、意識していきます。

練習は全てレースで勝つために行なっているということを再認識するためにも、週末にはレース練習を行い、練習で得たものを発揮する機会、また次週の練習での課題を発見する機会を設けています。短い練習時間でより充実した練習を行うため、全員が各課題を明確に持ち、今後も練習に取り組んでいきます。

最後になりましたが、本日は村尾ヘッドコーチ、津嶋さんにレスキューボート、ヨットに乗って頂き、ご指導頂きました。ありがとうございました。
0 コメント

熱中症対策

4回生470クルーの増田です。

本日はAve.2m/s、Max.3m/sの南西の風の中、470チーム、スナイプチーム共に帆走練習とスタート練習を行いました。

470チーム、スナイプチーム共にボートスピードをまだまだ追求する必要がある為、最近は帆走練習を多く取り入れています。

470チームは、陸でチューニングを確認してから出艇しました。その後、海上で様々なセッティングを試して帆走練習を行いましたが、私の考えと、レスキュー艇から客観的に見た自艇のセッティングでは、ギャップがあり学ぶことが多くありました。
今後も常にボートスピードの向上を図っていきます。

また、今年は例年になく気温が高くなっています。この時期にしては珍しく安定したシーブリーズが入ってきているため、良い環境で練習が出来ています。
一方で熱中症等の危険もあります。チーム全員で体調管理には気を配り、ベストコンディションでレース期に挑みます。


最後になりましたが、本日は楠瀬さん、日本大学OBの清原さんにレスキュー艇からご指導頂き、差し入れも戴きました。また、4回生の桑原のご父兄からも差し入れを戴きました。
ありがとうございました。
0 コメント

基本は忠実に

4回生スナイプスキッパーの堤です。

本日は、午前Ave.2m/s、Max.3m/s、風向は南、午後Ave.4m/s、Max.5m/s、風向は南西のブロー差の激しい風でした。

470チーム、スナイプチーム共に午前も午後も帆走練習を行いました。

午前は振れがなく波もなかったので、浅めのセールセッティングでメインセールのトップがつまらないようにトリムを行いました。また、艇を揺らさないような体重移動などを意識しました。

午後は振れがなく波が少し出てきたので失速しないセールセッティング、ハンドリング、メイントリムを行いました。また、ブローでローリングしないように意識しました。

最近のレースでは、中々前を走れていません。そのため、こういった基本的な事を意識して、これからの関西学生ヨット選手権大会、関西学生ヨット個人戦選手権大会で結果を出し、全国大会に駒を進めることが出来る様に頑張って行きます。
応援よろしくお願い致します。

また、本日は大平さんにヨットに乗りご指導いただきました。
ありがとうございました。
0 コメント

第1回ポイントレース2日目

4回生470クルー の龍野です。

本日はポイントレース2日目でAve.3.0m/s、Max.8.0m/sの風の中470級が4レース、スナイプ級では3レース実施されました。

今レースの課題はスタートでした。
スタートのライン把握に自信が無く、少しラインからの距離に余裕を持たせてスタートしていました。しかし、より上位の安定した順位を取るためには今後ライン把握を強化すべきだと思います。指導陣の方々などから沢山のスタート練習方法を教わっています。その為、それらの練習を重点的に行い、よりスタートでゲイン出来るようこれから努力します。

このようなスタートの課題により1上マークの順位が悪く苦しみましたが、全レース1上マークから順位を上げる事が出来ました。リーチングやランニングのボートスピードが良く、展開を打開出来た事に自信を持ち、もっと速くなるために今後もしっかりと練習していきます。

そして今回は、一回生が初めてレース運営に参加してくれました。なかなか慣れない事もありましたが、全員が教えて貰った事を共有し、成長しようとする姿を自分も見習い、よりチーム運営やヨット技術などのレベルアップをしていきます。

また一回生は少しずつではありますが、ヨットに乗って、ヨットの基礎知識について学んでいます。とても楽しそうに目を輝かせてヨットに乗る姿を見て、沢山のOBOGの方々、学校関係者の方々のご支援により部活動が出来ている事への感謝を強く感じました。今後も日頃からのご支援に感謝し、結果として答える事が出来るよう努めて参ります。

最後になりましたが本日は、比嘉さんと三谷さんに艇庫に足を運んでいただき、差し入れを戴きました。ありがとうございました。


0 コメント

第1回ポイントレース

最終成績
470級(全30艇)
1位 関西学院大学 (池淵・大野組) 19pt
2位 関西学院大学 (石川・木下組) 21pt
3位 神戸大学(野口・尾上組) 24pt
4位 関西学院大学 (上野・室谷組) 25pt
5位 関西学院大学 OB (藤本・見出組) 26pt
6位 甲南大学(岸田・龍野組) 31pt

12位 杉浦・増田組 78pt
14位 菅原・井上・白坂組 83pt
18位 村松・秋元・原田組 99pt
25位 菊田・森・岩階組 125pt


スナイプ級(全32艇) 
1位 関西学院大学 (中島・畑山組) 15pt
2位 関西学院大学 (石川・竹澤組) 16pt
3位 甲南大学(蟬川・吉田組) 20pt
4位 大阪府立大学 (中川・細川組) 32pt
5位 神戸大学 (宵・山田・幡井組) 32pt
6位 神戸大学 (池崎・金光組) 33pt

8位 桑原・尾畑組 41pt
10位 村上・吉岡組 45pt
11位 山口・宇仁組 52pt
14位 木下・大石組 59pt
15位 徳永・上原組 62pt
21位 堤・岩崎組 86pt


今大会は合計6レースを実施し終了致しました。
また、5レース以上成立した為カットレースとなっています。
ご声援ありがとうございました。

0 コメント

第1回ポイントレース1日目

更新が遅くなり申し訳ございません。

4回生470スキッパーの菅原です。

本日はAve.4.0m/s、Max.6m/s、東南東の風向の中、470級、スナイプ級共に、2レースを行いました。

自艇は、ボートスピードやコースは関西学生ヨット春季選手権大会に比べて良くなったと感じていますが、上サイドやランニングでの位置どり、判断ミスやスピンアップの動作など細かい部分で、他艇に抜かれてしまう事が多くありました。

2レース目は、1上で後ろから3番目と初めての経験で焦りを感じましたが、ここから追い上げる練習だと気持ちを切り替えることができ、実際に13位まで上げることが出来たことでメンタル面での自信が付きました。

今回のレースでは、関西フリートの大きさでスタートを決めることを目標にしていました。しかし、昨日は並ぶのが遅れてしまったり、動き出しが早くなってしまったりしてしまいました。それにより、スタートで遅れてしまうことが多かったです。その為、本日のレースでは、今までとは違った方法を試すことで、今まで上手くいかなかったスタートの考え、意識を変えようと考えています。

初日2レースを終えて、かなり出来の悪い結果となってしまいましたが、本日のレースでは気持ちを切り替えて残り4レース、前を走ります。

最後になりましたが、昨日は大辻監督にレスキュー艇よりご指導頂きました。ありがとうございました。

3 コメント

第1回ポイントレース

1日目暫定成績


470級(全30艇)


1位 甲南大学(岸田・龍野組) 5pt

2位 関西学院大学(池淵・大野組) 7pt

3位 近畿大学(田村・松尾組 9pt

4位 関西学院大学(石川・林組) 10pt

5位 関西学院大学(上野・室谷組) 11pt

6位 関西学院大学OB (藤本・見出組)13pt


9位 菅原・井上・白坂組 21pt

10位 村松・秋元・原田 25pt

19位 杉浦・増田組 38pt

21位 菊田・森・岩階 42pt




スナイプ級(全36艇)

1 関西学院大学 (石川・竹澤組) 4pt

2 甲南大学 (蝉川・吉田組) 4pt

3 関西学院大学 (中島・畑山組) 5pt

4 神戸大学 (池崎・金光組) 14pt

5 大阪府立大学 (中川・細川組) 15pt

6 神戸YMCAヨットクラブ (岩崎・山本・前田組) 16pt


9 徳永・上原組 18pt

11位 山口・宇仁組23pt

13 堤・岩崎組 26pt

15 村上・吉岡組 33pt

19 桑原・尾畑組 28pt

23 木下・大石組 43pt



0 コメント

第1回ポイントレース

本日の配艇をお知らせします。

470級
4644 菅原・井上・白坂組
4497 村松・秋元・原田組
4409 岸田・龍野組
4240 菊田・森・岩階組
4138 杉浦・増田組

スナイプ級
31517 桑原・尾畑組
30987 山口・宇仁組
30969 堤・岩崎組
30235 木下・大石組
30234 蟬川・吉田組
30722 村上・吉岡組
30417 徳永・上原組

ご声援の程宜しくお願いいたします。

0 コメント

勝つ為に

4回生470スキッパーの杉浦です。
午前はAve.2m/s、Max.3m/s、東風の中練習を行いました。天気も良く、予報通り東から徐々に薄くブローが広がってきたあたりでの着艇となりました。

470チームの午前組は、明日のポイントレース前の確認として、先々週の関西学生ヨット春季選手権大会において470チームの弱点として挙げられていた、ボートスピード、スタートを課題として1時間ずつ帆走練習とスタート練習を行いました。午後組は、帆走練習を行いました。スナイプチームは、午前午後共に帆走練習を行いました。


艇を止めて待つことや走り出し、バウアップなどの操作を、風が弱い中でもはっきりと思うように行うことが出来てきました。最近は、ライン自体は長く、出る範囲を制限することにより、自分の決めた位置を維持し続けることに、重点を置いたスタートの練習をしています。まだライン把握や最初に待つ位置設定が甘いため、-1/4艇身やジャストで出られることが増える一方、風が上に振ってしまうと1/2艇身以上出てしまうことが多かったです。
メンバーで声をかけ合いながらラインを低く始めるようにし、レースでの具体的なイメージトレーニングとなりました。

今月から私たち幹部にとって、全てに「最後の」と付くレース期に入りました。この3年間の成果を、11月の全日本学生ヨット選手権大会で発揮させるために、できる限りヨットに乗り、できる限り知識を増やし、できる限りコンビネーションを深め、最大限の努力を積み重ねて「反省や発見はあったけれど後悔は無かった。」と言い切れるレース展開にしていきます。

将来に向け就職活動や勉強をしている上で、何かに一生懸命になれること、そしてそれを貫き通すことの難しさと大切さを、今になって痛感しております。たくさんのサポートをしっかり結果で返しますので、これからもご支援ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

また、精神的なサポートをして下さったり、技術面を鍛えて下さったり、差し入れを下さったり、応援メッセージを下さったり、日々ヨットに乗れる環境を整えて下さっている皆様、本当にありがとうございます。幹部としてこの代で決めた目標を絶対に達成したいので、最後の最後までご声援頂けると幸いです。
0 コメント

レース期突入!

4回生スナイプスキッパーの桑原です。
本日はAve.2〜3m/s Max.4m/sの南西の風の中、大きな振れもなく、安定した海面での練習となりました。

五月も半ばに差し掛かり、昼前には気温が上がり、安定した海風が吹く時期になりました。これから夏までのレースで予想される海面とかなり傾向の似たものなので、チーム全体としてセオリーを共有し、より多くの情報を普段の練習から得ていきます。

本日は、470チーム、スナイプチーム共に帆走練習とスタート練習を行いました。いつもよりもスタートエリアを狭く設定し、ハンドリング、操舵を練習しました。いつもより艇が集中していたので、プレイヤーも集中して練習に取り組めていたと思います。

関西学生ヨット春季選手権大会では、スタートを決められず、レースに参加出来ずに終わってしまったメンバーも多く、これからのレースの為に重点的に改善します。
また、現状我々のボートスピードは他大学よりも、一歩抜け出せず、苦しい状況にあります。関西学生ヨット春季選手権大会でも、厳しい現実に直面させられました。
ある程度の技術が付いてきている中で、ここで大きく伸びる為には、妥協する事が何よりも邪魔になります。全ての事は「勝つ為に」。チーム全体としてこれを肝に銘じ、邁進して参ります。


また、本日は甲風会総会が開催されました。普段なかなかお会いする事の出来ない方々と、お話が出来るとても貴重な1日となりました。
普段から直接的にお会いしていないだけで、我々は多くのOB・OGの方々から、多大なる支援を受けて活動を行っている事を部員一同、もう一度認識せねばなりません。
そこで感謝に繋げなければ結果がいくら良くても無駄です。甲南大学体育会ヨット部として戦っているのは現役プレイヤーだけでない、全員で戦って全員で勝ち取る、という事を新一回生含めチーム全体として認識させる事を自分含めて心掛けます。
必ず、結果でお返し出来るように、これからの練習も全力で取り組んで参りますので、今後もご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。


最後になりましたが、本日は大辻監督にレスキュー艇より、またヨットに乗ってご指導していただきました。ありがとうございました。

沢山のOBの方々に甲風会総会に出席していただきました。ありがとうございました。

また、3回生岩階のご父兄より差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

チーム課題

4回生スナイプスキッパーの木下です。

本日はAve.2〜3m/s  Max.4m/sの南西の風でした。最近は夏に近づき、レースでよく吹く風で練習することが出来ています。

470チームは帆走練習を行い、スナイプチームは午前に帆走練習、午後はレース練習を行いました。

私の帆走練習での課題は、艇間距離が近いとき等の接戦状態でのハンドリングです。
レース練習での課題は、動き出しやスタート時にフルスピード状態にすることです。
この課題をチームで共有することが、大切だと感じています。自分の課題はメンバーの課題、メンバーの課題は自分自身の課題ということを理解し、丘でのコミュニケーションを大切にしたいと感じております。

また、同乗するクルーとのコミニュケーションを海上はもちろん、丘でも頻繁にとることで、思うようにヨットを操舵することにつながると信じて練習します。

現在、チームの動きとして練習効率を上げる取り組みを行っています。しかし、本当に目標に向けて意識を高めることが出来ているのか、部員一人一人の行動や態度によって、チームの士気につながることを全員が意識出来ているかということを、意識したいと思います。本気で関西完全優勝・全日本入賞を取りに行きたいと思います!

最後になりましたが、本日は上野さん、中村さんにヨットとレスキュー艇よりご指導頂き、津嶋さん、染谷さんにはヨットに乗りご指導頂きました。
また、上野さん、中村さんより差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

1回生参戦!!

4回生スナイプクルーの大石です。

 本日、午前はAve.1m/s、Max.2m/sの南西の風、午後はAve.2m/s、Max.3m/sの南西の風の中練習を行いました。

スナイプチームは、午前に動作練習と回航練習を行い、午後に帆走練習を行いました。470チームは、午前と午後ともに帆走練習を行いました。
動作練習では、スキッパーとのコンビネーションを合わせるため、お互いにどうしてほしいか等を話し合い、走りやすいと感じるところを探しました。

 回航練習では、マークの間隔をとても短くして、ハンドリングに重きを置いた練習をしました。前回の練習で、上マーク回航の後にランチャーを上げ始めるのが早いと言われました。なので、回航してからランニングの角度になるまで待ちつつ、後ろの艇の動きを確認することを意識しました。
また、風が右に振れていたので、下マークの回航でルームが空いてしまい苦戦しました。マークに入る角度、ラフし始めるタイミングを話し合い色々試したのですが、ルームを0にして回ることは出来ませんでした。

帆走練習では、どの艇もボートスピードにおいて大差はありませんでした。私の艇は他の艇に比べて角度も良かったので、いい走りが出来たと思います。
しかし、すぐ下に艇がいる状態で走っていると段々下の艇に吸い込まれてしまいました。そのような場面に陥った時に、セッティングをどのように変えたら耐えることが出来るかということが直ぐに思いつかないので、まだまだ勉強不足だということがわかりました。スナイプのチューニングガイドをもっと読み込んで理解を深めようと思います。


また、本日から1回生が練習に参加します。早速午前で授業が終わった1回生が470チームの練習に参加しました。初めのうちはヨットに乗ることが出来る機会が少ないかもしれませんが、たくさん勉強をして有望なプレイヤーになってほしいです。

最後になりましたが、4回生森貴映のご父兄より差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

レース意識

更新が遅くなり申し訳ございません。

4回生スナイプクルーの上原です。

昨日は、Ave.3m/s、Max.5m/sの南西の風の中、470チーム、スナイプチーム共に、帆走練習と回航練習を行いました。

関西学生ヨット春季選手権大会で発見した課題を、各自意識しながら練習を行うことで、練習の効果が上がったと感じました。

回航練習では、常に後続艇を意識した位置取りを考えました。
帆走練習では、スタート直後をイメージしながら上の艇との戦い方、下の艇との戦い方を、それぞれどのようにするのが良いのか、考えて行うことでレースに活かすことが出来ると感じました。

どのような練習でも様々なレースの場面を意識することで、練習の効果を上げることが出来ます。その意識を常に持ちながら練習することが最も重要だと思いました。

練習後には、来週から入部する1回生の荷物、靴等のスペースを作るために、掃除を行いました。
来週からは、1回生を含めたこのチームで、私達の掲げた目標に向かいます。

最後になりましたが、昨日は大野さんに来ていただき、GPSを使った新西宮ヨットハーバーの潮汐調査をしていただきました。
ありがとうございました。
0 コメント

関西学生ヨット春季選手権大会2日目

2回生スナイプスキッパーの村上です。

本日は、関西学生ヨット春季選手権大会2日目でした。Ave.3m/s、Max.4m/s程の安定した南西の風で、2レースを実施しました。

今回はスキッパーとして出場する、初めてのレースでした。今までクルーとして先輩方と乗り、得た知識を自分なりに考えました。
同期と初めてレースに出て、今まで先輩にコースやセールシェイプを任せきりだったということを痛感しました。その為、満足のいく結果にはなりませんでした。

全57艇と艇数が多い大会であった為、スタートの大切さや他艇との位置関係が、大きく順位に関わってくるのだと実感しました。部内でするレース練習は艇数が少ない為、フレッシュウィンドウを簡単に浴びることが出来るのですが、今回のレースでは、少しでも遅れると常にブランケットの位置になり、なかなか走り出すことが出来ませんでした。
そのため、これからの練習ではフレッシュウィンドウや下のルームを得ることなどを、より意識して練習していきます。

また、上マークや下マークでの権利主張や判断力を問われることがありました。その時に上手く対応出来なかったので、普段からの練習で意識付けしていきます。

2回生になり、来週から1回生を迎えます。次の1回生に今まで得た知識を教えることが出来るように、一緒に成長していきます。

最後になりましたが、本日は4回生龍野先輩のご父兄、南さん、畑さん、浦新さん、徳永さんから差し入れを戴きました。ありがとうございました。

0 コメント

関西学生ヨット春季選手権大会

470級 最終成績

1位  関西学院大学A 70.0pt

2位 甲南大学A 89.0pt

3位 神戸大学A 130.3pt

4位 大阪大学A 211.7pt

5位 和歌山大学 229.3pt

6位 関西大学 261.6pt


スナイプ級 最終成績

1位 関西学院大学A 57.3pt

2位 関西学院大学B 76.6pt

3位 大阪大学A 121.6pt

4位 甲南大学A 126pt

5位 神戸大学A 181pt

6位 甲南大学B 200pt


総合成績

1位 KG 127.3pt

2位 甲南 215.0pt

3位 神戸  291.3pt

4位 大阪 333.3pt

5位 和歌山 531.9pt

6位 市大 684.3pt


本大会は470級、スナイプ級共に7レースを消化し終了いたしました。

ご声援ありがとうございました。

0 コメント

関西学生ヨット春季選手権大会

1日目暫定成績


470級

1位 関西学院大学A 46.4pt

2位 甲南大学A 61pt

3位 神戸大学A 92.3pt

4位 和歌山大学 153.8pt

5位 関西大学 193.3pt

6位 神戸大学 B 201pt


スナイプ級


1位 関西学院大学A 57.3pt

2位 関西大学 70pt

3位 関西学院大学B 70.3pt

4位 甲南大学A 83pt

5位 大阪大学A 85pt

6位 広島大学 106.2pt


10位 甲南B 159.3pt

関西学生ヨット春季選手権大会1日目

2回生470クルーの原田です。

本日は、関西学生ヨット春季選手権大会1日目でした。Ave.3m/s、Max.3.5m/s程の安定した南西の風で、5レース消化いたしました。

今回のレースは、2回生となり最初のレースでした。私達が入部して一年が経ち、動作やトリムなど出来ることが増えてきました。その為、今回のレースはより周りを見て、ブロー報告とコースについて考えながらレースに挑みました。

今回のレースで学んだことは他艇の存在です。いつものレース練では、艇数も多くないので、振れやブローを見てコースを考えることが出来ていました。しかし、艇数が増えると思うようにいかないということが分かりました。海面から得られる情報だけでなく、他にももっと考えるべきことがあるのだと分かり、次につながるレースとなりました。

また、本日のレースでスタートの重要性にも気づくことが出来ました。しっかり第一線から出ることが出来れば、悪い結果となることはなかったです。明日も今日のような風が予想されます。より攻めながら、第一線で出ることが出来る様挑戦していきたいです。

2回生になり、もうすぐ新1回生を迎えます。次の1回生にしっかりと教えることの出来るプレイヤーとなれるよう、これからも精一杯練習に励みたいと思います。

明日も引き続き行われる関西学生ヨット春季選手権大会での甲南大学体育会ヨット部の活躍をご期待ください!


最後になりましたが、本日は大辻監督、横山コーチに来て頂きました。また、村松さん、染谷さん、津嶋さん、羽室さん、交河さん、岡畑さんに運営として御協力頂きました。ありがとうございました。また、4回生の桑原先輩、杉浦先輩のご父兄の方々、村松さん、津嶋さん、石田さんから差し入れを戴きました。ありがとうございました。
0 コメント

関西学生ヨット春季選手権大会

1日目暫定成績


470級

1位 関西学院大学 A 46.4pt

2位 甲南大学A 61pt

3位 神戸大学A 92.3pt

4位 和歌山大学153.8pt

5位 関西大学193.3pt

6位 神戸大学B 201pt


スナイプ級の暫定成績に不備があったため正式な結果がでておりません。

正式な結果が出次第、お知らせいたします。

0 コメント