Blog


全日本スナイプ選手権最終日

更新が遅くなり申し訳ありません。

新三回生スナイプクルーの大石です。
今日は北東7m/sの風でうねりのある海面でした。レースは予定通り3レース消化して、今大会は終了しました。

今大会では、半分以上スタートを決めることができませんでした。自分ではラインが高いと思っていたのが案外そうでもなかったりと、ライン把握の甘さを痛感しました。また、動き出しも周りの艇と比べて遅かったです。強風といえど70艇もいれば風を受けづらいので、動き出しの動作をもっと思いきりしたら良かったと思いました。スタートを決めることができないと、自分の行きたいところに行くことができなくなり、改めてスタートの大切さと実力不足を感じました。

葉山の海はうねりがあり、トップとボトムの差が激しかったです。初日では上手く合わせられずアンヒールを入れてしまうことがありましたが、2日目からはタイミングを掴んでアンヒールすることなく対応することができました。ブローや振れも激しく、前の艇でどのくらいへダー、リフトが入るかを見ることを意識しました。

3日目はave.10m/s超えでmax.18m/sも吹く中1レース行いました。これ程の強風でのレースは初めてで、貴重な経験になりました。サイドマークでジャイブした艇が次々と沈するのを見て、私達はタックで回りました。沈している艇がほとんど学生だったので、社会人との経験値の差なのかと思いました。また、トップ集団の中にはこの風の中でもランチャーを張る艇がありました。

全日本スナイプ選手権を終えて、私の実力不足を強く感じました。まず強風での動作がまだまだ出来ていなくて、大幅に減速させてしまうことがありました。次に権利主張が全然出来ていなく、もっと早く主張していればと思うところが多々ありました。そのためにもルールをよく理解しなくてはなりません。なので、これからはルールの勉強をすること、間違っていたとしても実際に主張するということをしていきたいと思います。

秋新まであと少しですが、自分の不足している部分を補い、この大会で得たことを存分に発揮できるように練習に力を入れたいと思います。

また、遠征中に染谷先輩の祖父母から差し入れを頂きました。ありがとうございました。
0 コメント

練習を安全に行うために

新三回生470クルーの龍野です。

本日は出艇せず、ミーティングを行いました。
その後、今後の練習やレースに使用するためのセールの識別を行いました。

ミーティングでは、これから安全に部活を運営するために、安全マニュアルを作るグループ・練習方法や艇庫での生活について考えるグループ・レスキュー体制を考えるグループの3グループに分かれて意見を出し合いました。

私は練習方法や艇庫での生活について考えるグループでミーティングを行いました。470・スナイプ・マネージャーチームがお互いに情報を共有し合い練習を行うよう再度確認しました。
また艇庫での生活についても身の回りをきちんと整理整頓する事が共同生活をしていく上でとても大切な事だと考え、艇庫を綺麗に使用していく方法についても意見を出し合いました。

ミーティング後には、大切にセールを使うために艇庫にあるセール全てをどの時期に使用して行くかを確認し、保管状況を良くするためにセールの識別を行いました。

また、大辻監督、横山コーチ、井阪さん、三浦さん、南さんがミーティングに参加して頂き指導してくださいました。ありがとうございました。
1 コメント

新体制 人事

先週より新チームが始動しました!

少し遅くはなりましたが、人事をお知らせ致します。


主将: 村松 昂祐

副将: 染谷 晃徳

主務: 三谷 日向

会計: 羽室 有彩

渉外: 岡畑 絢也、寺尾 友里

470リーダー: 藤井 純也

スナイプリーダー: 津嶋 範之

チーフマネージャー: 交河 真央


1年間よろしくお願い致します!!

0 コメント

全日本スナイプ選手権3日目

新三回生スナイプスキッパーの桑原です。
更新が出来ずに申し訳ありませんでした。

初日、2日目はS.I通り3レースずつ実施し、本日は1レースのみ行いました。

初日は、風の不安定な北東の風の微風でした。振れ回るシフティーな海面に風がなくなる事もありました。第1レースではタイムリミットに間に合わず50艇近くDNFとなりました。
気温は高くなりましたが、徐々に風が落ち初日は終了しました。

2日目は、北東の風12kht程度で、風速は安定していましたが、シフティーな風と時折入るうねりのある難しい海面でした。初日と同じく風が落ちていく予報でしたが、風のある状態で3レースを消化し、昼過ぎに着艇しました。

本日は、朝から南西の強風で、スナイプ級のクラスルールで定められた風速上限23khtに達しそうな風速で出艇し、1レース行いました。
強風だけでなく、風向と一致した大きな波が入ってきて、自分自身セーリングするのがやっとの海面でした。トライアングル二周のコースで、スタート後から徐々に風速が上がり、フィニッシュする頃には最大30〜35kht、平均25~6khtとなり、そのままハーバーバックとなりました。トラブル艇が続出するなか、甲南大学はトラブルなくフィニッシュし、ハーバーバックしました。
このようなサバイバルコンディションでも、トップレベルの選手は安定した成績を残していました。昨日までのライトコンディションとは大きく違う海面でも、常にトップ近くを走ってくる安定感に驚き、また同時にまだまだ実力不足を感じさせられ悔しく思いました。

全レースを通して、スタートを決めないとレースに参加すらさしてもらえない印象でした。直ぐに逃げタックをさせられることばかりで、思った通りのコースを引けず苦しい展開を強いられました。
しかし、スタートを決めることができ、自分のしたい展開でコースを引けば、10位台でフィニッシュできました。

ボートスピードは、まだまだ早くなる余地があり、またスタートという大きな課題も見つけることができたと思います。

全国のレベルを知り、甲南大学、また自分のレベルの低さを痛感しました。ですが、私たちはまだまだ上手くなれる、そんな風に考えて良いのではないかと思います。

新チームが発足し、まだ始まったばかりで自分たちの全国での位置を把握できたのはもっと前向きに捉えたいと私は考えます。新三回生として、さらなる技術の発展、また後輩を引っ張り上げる役割、これらを集中的に実行していきたいと思います。

明日は最終日、悔いの残らないように、また西宮により多くの情報を持ち帰りたいと思います。また、他大学との交流を深め、甲南大学を全国レベルの大学にしていきたいと思います。

0 コメント

秋新にむけて

新3回生470スキッパーの杉浦悠です。

本日の風向は約20度の北北東で、風速はaverage2〜3m/sでmax4m/sでした。
午前は安定して風があったので雨の中スタート練習と上下のラウンディング、午後は微風での動作練習となりました。私は微風への苦手意識が強く、艇を思った通りに動かすことと風を掴むことを目標にして練習に挑みました。秋新に向けての新しいペアでのロールタック、ロールジャイブなどでコンビネーションを合わせることを意識しました。風が弱まった時に風向を瞬時に理解しているのはやはりレギュラー勢が早かったので、艇の性能差やセールの良し悪しではなく、ハンドリングや細かなところでの状況把握がまだまだ足りていないことを痛感しました。

来週の秋新は新2回生は初めてのレース、新3回生の半数以上が初の団体戦の得点形式でのレースとなります。
明日は今日より気温が5度以上下がり、average7〜8m/sの予報です。強風で艇やセールの故障、部員に怪我がないように集中して元気に練習していきたいです。

また、横山コーチ、井阪さん、南さんが来てくださりヨットやレスキューから指導してくださいました。ありがとうございました。
0 コメント

下級生からの押し上げ

新三回生470スキッパーの菅原です。

本日は午前は北風ave.1m/sほどの微風で最初はかなり短い距離のラウンディングをし、権利主張、回航動作確認、タック動作の練習になり、他艇との距離が近いことで、効率のいい集中力分散の練習にもなりました。

そこからランニングでおとしていったのですが、自分の本日の目標である微風で止まらない(減速させない)走らせ方ができていたと感じていて、今まで減速の主な原因となっていた風の振れに早く対応することができ、ロールジャイブではロールをしっかりかけ、スピンもつぶさないことができたので、新しいパートナーとの連携を深めることができ、有意義な練習となりました。
次はロールタック、ロールジャイブの加速をもっと突き詰めていきたいと思います。

夜には、新二回生の陸でのシミュレーションを行いました。ヨットを始めた頃に比べてかなり動きも滑らかになり、艇を走らせることを頭で理解して動作ができているなと感じました。後輩の成長の早さに嬉しさと焦りを感じ、自分も精進してより強いチームにして行きたいと思います
0 コメント

新チームになって

新三回生スナイプスキッパーの桑原です。

本日の午前は1〜2m、午後は4〜5mの
北から北東の風でした。
新チーム発足から初めての練習となりました。

レギュラーチームとユースチームに別れず、
全8艇での練習を行い、主に新二回生クルーと
新三回生スキッパーの強化を目標にしました。

全日本インカレを終えて、いよいよ新チームになりました。わたし自身ほぼ初めて一回生と乗りましたが、まだまだレベルアップの余地があると感じました。それは、一回生の事もですが自分自身のことでもあると思います。いつも通り走らせながらいかに一回生を教育できるかが自分の課題です。

私はヨットにおいて一番最初に来るのは動作だと思います。ですから、それ以外の事は一旦意識しないと良いと思います。これはあくまで自分の考えですが、まずは何よりも動作です。
それ以外のことを意識してしまうと、動作に集中できず1番ボートスピードに影響を及ぼしてしまいます。
ですから、しっかりした動作を確立し、そこから様々な知識を駆使して、ヨットレースができるのではないかと思います。ですからこの時期は、私を含めて誰が乗っても滞りなく動作を確実に出来るようになることを大切にしていくべきだと思います。

いよいよ新チームが発足しました。
約1年後に最高の結果を残し、その次に続くチームを築いていきたいと思います。

1 コメント

新体制

新3回生スナイプスキッパーの木下です。

本日は代交代をして1回目の部活でした。午前は各クラスで去年一年間の反省をし、今年のチームでの自分の役割、各回生でそれぞれの目標について話し合いました。

私は自分が4回生のときの全日本インカレが西宮で開催される予定なので、風の傾向を研究することが大切だと思い、天気予報から得られる風の傾向をデータ化することが大切だと思いました。今までにも傾向として、気温が暖かくなると右に回る、北風は振れが多く、南風は安定するなどがありますが、さらに何時頃に回り始めるか、気温差によってどれくらい風速差があるのか、細かくデータ化したいと思います。マネージャーの協力も必要ですが、これから話し合って行きたいと思います。

また、関西新人選手権大会の配艇が発表されました。同期にスキッパー志望者が多いため、次の大会でこれからもスキッパーでいけるのか、それともクルーに戻るのかが結果で決まるため、同期を潰してでもスキッパーで活躍したいと思います。私はスキッパーでも微風、強風要員を作れたらいいと思っているので微風要因としてチームに貢献したいです。

新しい幹部になり、初めての試みでチームのために1日をミーティングに使いました。現在の甲南チームは、スナイプ、470共にレギュラーとユースのレベルの差が広いというのが課題であるので、ミーティングを行うことで目標統一をし、チーム全体の意識を揃えることでレギュラーとの差を詰め、甲南は強いと思われるようにします。

午後に艇庫の掃除をし、各クラスでチューニングを出しました。私の艇はブラケットをリベットで留めるところから全てを変え、新しい値を出したので、明日からの練習でレギュラースキッパーとの違いを探し、一度の練習でどれだけスキルアップをするかが課題です。

本日は村尾ヘッドコーチ、尾崎コーチ、横山コーチがミーティングに参加してくださりチームの目標に対する視野などについてお話ししてくださりました。また、民輪さんが艇庫まで足を運んでくださり、差し入れを頂きました。ありがとうございました。
0 コメント

全日本インカレ最終日

4回生 スナイプリーダー スナイプスキッパーの南です。

今日は各クラス2レース行い、今大会は合計3レースで完了致しました。
そして、今日はAve.5m Max.7mの風で、波が高いうねりのある海面でした。

全日本インカレが始まってから3日間のレースで甲南チームは5回BFDを出してしまい、今年のチームが目標にしていた全日本入賞は絶望的な状況になりました。
僕自身2度もBFDを出し、最後にチームの足を引っ張ってしまったことを後悔しています。
今日は目標が達成出来なくても、自分達が今まで練習してきたことを出し切り、来年に繋がるようにレースに臨みました!
結果は良くありませんでしたが、全員が全力を出し切ることができました。

全日本インカレを通じて感じことは、甲南チームはまだまだ慣れない環境や不安定な風や海面下でのレースに弱いということです。
僕たちがいつも練習している西宮の海は波が小さく、基本的に風が安定して、とても恵まれた環境で練習が出来ているのだと感じました。
今年は西宮の海の傾向などを入念に研究したおかげで、今年の関西水域のレースでは安定した成績を残せるようにまでチームは成長できました。

しかし、福井の若狭湾は日本海で波がうねり、山に囲まれていて風の強弱や振れ幅も大きく変動していました。
甲南チームのほとんどの艇がその環境に対応できませんでした。
西宮では前を走ることができた選手が、若狭湾では全国クラスに歯が立たなかったことはショックもあると思います。ですが、この全日本インカレは今のチームの弱点を見つめ直す良い機会になったと思います。

今大会、チームの役に立てず、本当に悔しかったです。
この1年間、僕はスナイプリーダーとして活動してきました。
何もわからない僕に沢山のことを教えて下さった指導陣やOBOGの方々、今日まで付いて来てくれたスナイプチームのメンバー、本当に感謝しています。
僕自身もチームもとても成長し、本当に素晴らしい時間を過ごすことが出来たと感じています。
だから、絶対に結果で恩返しがしたかったです、、、。

僕たち4回生が引退し、甲南ヨット部は新チームを迎えます。
後輩達には僕たちのような悔しい気持ちを味わって欲しくないと思います。
これからは感謝の気持ちを結果で伝えられるような強いチームになって欲しいと思います。
そのために、僕も出来る限りのサポートを後輩達にしたいと思います!

本日は大野さんが若狭和田ヨットハーバーに足を運んで下さり、ご指導して頂きました。
また、大辻監督、村尾ヘッドコーチ、高永さんがコーチボートに乗って下さり、ご指導して頂きました。
ありがとうございました!

最後になりましたが、今まで僕たち幹部や甲南大学体育会ヨット部を支えて下さった皆さん、本当にありがとうございました!!
1 コメント

全日本インカレ 成績

第3レース
470級(全72艇)
藤井・三浦組 37位
村松・岡畑組 32位
赤尾・上野組 25位

スナイプ級(全72艇)
南・井阪組 56位
津嶋・尾川組 19位
桑原・山口組 38位


470級団体 (全24校)
1位 慶應義塾大学 133pt
2位 同志社大学 168pt
3位 早稲田大学 172pt
4位 関西学院大学 190pt
5位 法政大学 226pt
6位 明海大学 247pt

11位 甲南大学 338pt


スナイプ級団体 (全24校)
1位 同志社大学 150pt
2位 日本大学 171pt
3位 早稲田大学 182pt
4位 関西学院大学 209pt
5位 中央大学 211pt
6位 九州大学 238pt

20位 甲南大学 495pt


団体総合 (全17校)
1位 同志社大学 318pt
2位 早稲田大学 354pt
3位 慶應義塾大学 376pt
4位 関西学院大学 399pt
5位 九州大学 513pt
6位 中央大学 529pt
6位 日本大学 529

13位 甲南大学 833pt


※全日本インカレはこれで終了です。
応援ありがとうございました!!
0 コメント

全日本インカレスナイプ級速報

全日本インカレスナイプ級速報

1位 同志社大学 92pt
2位 関西学院大学 121pt
3位 慶應義塾大学 124pt
4位 日本大学 130pt
5位 早稲田大学 131pt
6位 中央大学 137pt

24位 甲南大学 382pt
0 コメント

全日本インカレ暫定総合成績


1位 同志社大学 185pt
2位 慶應義塾大学 205pt
3位 関西学院大学 237pt
4位 早稲田大学 270pt
5位 京都大学 353pt
6位 立命館大学 376pt

17位 甲南大学 626pt

0 コメント

全日本インカレ第2レース速報

470級第2レース


1 慶應義塾大学 81pt

2 同志社大学 93pt

3 関西学院大学 116pt

4 早稲田大学 139pt

5 法政大学 140pt

6 京都大学 202pt


13 甲南大学 244pt

0 コメント

スナイプ級スタート

10時53分にスナイプ級スタートしました。
0 コメント

スナイプ旗、ブラック旗掲揚

10時48分にスナイプ旗、10時49分にブラック旗が掲揚されました。

0 コメント

スナイプ級ゼネラルリコール

10時46分にスナイプ級ゼネラルリコールとなりました。
0 コメント

470級スタート

10時39分に470級スタートしました。
0 コメント

470旗 掲揚

10時34分 470旗とO旗が掲揚されました。
10時35分 U旗が掲揚されました。
0 コメント

フィニッシュ速報

470級第2レース速報

村松・岡畑組 17位
赤尾・上野組 39位

スナイプ級
津嶋・尾川組 43位
0 コメント

オレンジ旗掲揚

10時30分にオレンジ旗が掲揚されました。
0 コメント

第1上マーク速報

第1上マーク速報

470級
10 村松・岡畑組
26 赤尾・上野組

スナイプ級
42 津嶋・尾川組

0 コメント

スナイプ級スタート

9時45分にスナイプ級がスタートしました。
0 コメント

スナイプ旗、ブラック旗掲揚

9時40分にスナイプ旗、9時41分にブラック旗が掲揚されました。

0 コメント

470級スタート

9時36分に470級がスタートしました。
0 コメント

470旗、ブラック旗掲揚

9時29分に470旗、9時30分にブラック旗が掲揚されました。

0 コメント

オレンジ旗、AP旗掲揚

9時22分にオレンジ旗、9時27分にAP旗が掲揚されました。

0 コメント

最終日の意気込み

最終日となる本日もプレーヤー達に意気込みを
インタビューしてきました!

470級
赤尾 記憶に残るレースをしてきます
上野  最後頑張ります!!


藤井 10番以内。
三浦 勝つ!!



村松 頑張ります!
岡畑 目指せシングル!


スナイプ級
南  ブラックをひかない!
      最後なので悔いが残らないよう頑張ります。
井阪 楽しむ!!



津嶋  最後頑張ります。
尾川 ブラックかからないよう頑張ります!



桑原 1回生のために頑張ります!
山口 頑張ります

0 コメント

全日本インカレ3日目

4回生470クルーの三浦です。

本日は昨日とは打って変わって、朝からいい風が吹いていました。予告通りD旗が掲揚され出艇しました。
海上に出てみると大きな波のうねりが出ていました。
レースとしては黒色旗が揚がる中で自艇は上からスタートしましたが、ゼネラルリコールとなり、自艇は引っかかってしまいました。ラインが高いと分かった時にジャイブを返し、ラインとの距離をもう一度作るべきでした。判断の遅れ、詰めの甘さが出たスタートとなりました。

その後470は2艇がスタートをし、上マークをシングルで回ることができ、このような海面でも他大学に走り負けをすることはないと自信を持つことができました。
しかしながら風速が徐々に上がっていき、ノーレースとなりました。
陸に帰ると防波堤を越える波、そして水しぶきがあがっていました。甲南大学全6艇は艇の損傷等もなく、無事に帰着しました。

私個人として今日は反省で終わる1日となりました。最後の全日本インカレではありますが、まだまだ課題であったり成長できる面が数多くあり、この経験を明日の自分に、そしてチームメイトや後輩に活かしていきたいと思います。

そしてついに明日が全日本インカレ最終日で、自分の現役ヨットレースで最後のレースとなります。自分が幹部として、クルーとして何ができるのか、また明日気持ちを切り替えて、陸に残っているチームメイトの気持ちも背負って頑張ります!

チームのみんな、「甲南らしさ」を最後まで出して絶対に前走ろうな‼︎

甲南大学体育会ヨット部関係者の皆様、ご声援よろしくお願い致します。

本日は、大辻監督と村尾ヘッドコーチが支援艇に乗っていただきました。根本コーチ、田中コーチ、尾﨑コーチ、高永さん、荻野さん、奥田さん、森千佳さん、横山さん、仙石さん、山下さんにハーバーまで足を運んでいただき、差し入れを頂きました。また、2.3回生村松のご父兄、2回生森のご父兄より差し入れを頂きました。
ありがとうございました!
1 コメント

APA掲揚

APAが掲揚されました。本日もノーレースとなります。
1 コメント

現在、、、

現在、風が強く、波も高く危険なため、陸上待機しています。次の指示を待っているところです。

甲南大学は艇の損傷も特になく、無事に全員が帰着しています。
1 コメント